小出先生 たね蒔きジャーナル2012/1/30のお話(1ミリシーベルトになるには何百年かかる、集落ごと避難しないといけない、議事録は録音があるから今からでも作れ!)

文中、委員会との会合は、今月初旬の東京新聞・こちら特報部の記事のことでしょうか?
小美玉市の集会で聞いてみようっと。
他に「AERA」のM氏はいっちゃん殿の仰ってた東北大の方なのか。

ぺんぎん様 質問受け付けますよー。
篠山での「エビフライは何をつけて食べますか?ソース、しょうゆ、マヨネーズ、とんかつソース」はgoodでした。
質疑応答の流れが変わりましたから(笑

小出「そのときに食卓にあるもの、たとえばタルタルソースです」
ちた「一度とんがらしとお醤油でお試し下さい。日本酒にあいます」
(ほぉ!といいたげな小出さん)

しいたけ問答でいまだに熊取のお二人に覚えて貰っているぺんぎんさんはすごいなぁ(12/3に今中さん「覚えてますよ」とのこと)
これから「しいたけの人」と呼ばれるでしょう。

現在キノコでベクれってるものは菌床のせい。おがくずが被曝してるんだもの。この前岸和田で生協の先生に習ってきました。
ぺんぎんさんのせいで私も「しいたけおばさん」まっしぐら。

——————————-
永岡です、毎日放送のたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。

 原発のニュース、福島で水漏れ、東電によると、6時20分に配管つなぎ目で30リットル水漏れで、水には放射能があり、冷え込みで凍結、水漏れが相次いでいるのです。

 福島から転出した数は転入を3万人以上上回る転出超過で、43年ぶり、岩手、宮城も足すと4万人以上転出、西日本への転出で、関西では転入超過なのです。東京圏は転入超過なものの、一昨年より減っています。

 そして、小出先生のお話、除染の指針があり、50ミリシーベルト/年以下を20ミリ以下にすると言うのですが、可能かについて、「可能である」、今の汚染はセシウムで、外部ではセシウム134が7割、半減期が2年で、6割くらいには物理的には減り、除染で半分にすることはできる。しかし、年間20ミリは特殊な放射線業務従事者の数値で、そこまで下げても住んで、子供たちを住まわせてはいけないのです。本来は1ミリ/年であり、「実現させてもダメなのに、どうして国が駄目と言わないのか」なのです。それに見合った工程表になっており、人が暮らしてOKではないのです。1ミリに減らすのは到底できない(何百年かかる)のです。

 平野さん、国は戻すのではなく、別のところで住んでもらうべきと言い、小出先生も平野さんの言う通りと言い、「地域は家族」、集落であり、家族単位ではなく、集落単位で移住させないといけないのです。そうしても大変だが、なのです。

 20ミリ以下なら住めると役所が言い、細野氏、原発担当で環境担当と矛盾しているのです。内閣参与の小佐古氏、被曝は怖くないと喧嘩してきたのに、年間20ミリのところに人を住まわせると国が言って参与を辞任し、20ミリシーベルトを子供に許す政治家がいるなら、その人がそこに住むべきなのです。

 工程表が出来たらそれで終わり、しかし、飯館村は信用できないと独自の除染をしており、科学的には飯館村の方が正しいが、飯館村が1ミリ/年以下にはならないのです。

 多くの人の人生が変わるのです。

 政府の会議、議事録がなく、原子力災害関係、5月に議事録がないのが分かり、枝野氏、全面公開と言っていたのに作っていなかった、小出先生失笑され、録音をしていないわけはない、議事録は作ろうと思えばできるのに、議事録を作りたくない思惑がある。去年10月、小出先生は原子力学会の会長に呼ばれて、原因究明のために小出先生のお話を聞きたいと言うことで、チャタムハウスルール(証言する個人の名前を伏せて、不利益にならないようにすること)で聞きたいと言ったので、それだからダメ、個人が自分の責任をかけて発言しないとダメなのだと言い、誰も責任を取らない原子力、それが一切の根源であり、録音はあり、今からでも議事録は作るべきなのです。

 今日も、小出先生のお話をお伝えいたしました。

カテゴリー: 小出裕章 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中