2/19原発住民投票に「反対」 橋下市長、条例案に意見書【朝日新聞】全文

http://www.asahi.com/national/update/0220/OSK201202190148.html

原発の是非を問う住民投票の実現を目指す市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」が、橋下徹大阪市長に投票のための条例制定を直接請求したことを受け、橋下市長が28日開会の2月市議会に提出する条例案に「条例制定の必要性はない」と反対する意見書を付けることがわかった。

 橋下氏は意見書で、市民の直接請求について「署名数が法定数を上回った結果について重く受け止めている」と評価。一方で「(昨秋の)市長選の結果から、市民の意思は脱原発依存の方向にあることは明確で、条例案がめざす住民の意思反映はすでに示されている」と主張した。

 そのうえで「単に原発稼働の是非だけを問うために多額の経費をかけて実施する必要性は乏しい」とし、原発依存度を下げる方法や代替電力の確保策などを示して市民の判断を求めるべきだとの持論を記した。

 市民グループは、原発稼働の是非を問う住民投票の実施をめざし、大阪市と東京都で署名活動を展開。大阪市で必要数を超える約5万5千人分を集め、関電の筆頭株主である大阪市に条例制定を直接請求していた。有効署名数が集まったため、橋下氏は地方自治法の規定に沿って、14日の請求翌日から20日以内に意見書を添えて条例案を市議会に付議することになっている。(小向雅厚)

———————————————————-

もともとアメリカで「8億円が惜しいから」と言っていた事例があるそうで、「5億円が惜しいから」はその焼き直しだということです。

教育問題にしたって、イギリスでもアメリカでも破綻したやりかたを日本の大阪でやろうというらしいですし。

カテゴリー: 国民投票 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中