3/31橿原市昆虫館 むしむしゼミナール アーサー・ビナード氏講演会「虫めがねでニッポンを見れば」と「人と自然へのまなざし──絵描き 貝原浩の仕事」~チェルノブイリスケッチ・風しもの村~

橿原市昆虫館 第26回企画展

「人と自然へのまなざし──絵描き 貝原浩の仕事」
  ~チェルノブイリスケッチ・風しもの村~

2001年と2004年の昆虫館のポスターを制作したご縁から、今回は「風しもの村」原画を中心に、装丁本やポスターなど、貝原浩の仕事を紹介します。

会期:2012年2月21日(火)~4月15日(日)
(月曜休館、3月までは9:30~16:30、4月以降は9:30~17:00)

会場:橿原市昆虫館2階企画展示室
    奈良県橿原市南山町624 TEL0744-24-7246

入館料:大人500円、学生400円、子ども100円

チェルノブイリ原発事故後に汚染地域で暮らす人々と自然を描いた「風しもの村」関西初公開。
鉛筆画600冊以上のブックデザインの中から自然や生物にかかわるものを選んで展示。

————————————————–
むしむしゼミナール 講演会「虫めがねでニッポンを見れば」

虫好き詩人アーサーさんからどんな話が飛び出すか!?

講師:アーサー・ビナード氏(詩人・絵本作家)

開催日時
2012年3月31日 (土曜日)午後1時30分~午後4時

◎往復はがきでの申し込みが必要。(3/21必着)

広告
カテゴリー: ちたりた タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中