ガレキ拡散に反対 被災地からの声

パキパキ姐さんから

転載
http://onodekita.sblo.jp/article/55277558.html
ちょっと長いのですが、1時間50分くらいのところの女性の声です。

「現地では誰もがれきの話をしていない。被災地にとってガレキは目の前の問題ではない。遠い問題。
 去年の秋頃から、なぜがれきを早いうちから運ぶのか疑問だった。内陸部に運ぶのか疑問だった。
 どうして疑問だったかというと、時々がれきの中に遺体がある。
 縮んでしまっている遺体はがれきの中からみつけにくい。
 遺体を探すの大変なのに、早々と運んでしまったのか。
 みんな身内を捜しているのに、すごく不思議。
 まだがれきにはさまってみつかっている。」

カテゴリー: ちたりた タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中