8/28原発事故報道の番組存続求めるーラジオ出演者ら募金持参 毎日放送拒否【讀賣新聞・社会】

かんこさんから「朝日新聞は後日 記事を蓄積して載せると思います」とのこと。毎日新聞は前回と同じでちゃんと記者さんはいらしてるの。でも載せられっこないもの。いいよいいよ。でもいずれ書いてね。讀賣新聞はさすがだ。正力の時代からか原発とか放射能とか記者さんお詳しいのか。小出さんのお師匠さんの奥様が2月に福井県の県議会で取材された時も讀賣新聞だったもの。

————————————————-

2012年(平成24年)8月28日(火曜日) 【讀賣新聞・社会】 

原発事故報道の番組存続求める
 ラジオ出演者ら募金持参 毎日放送拒否

原発事故報道に力を入れてきた毎日放送のラジオ番組「たね蒔きジャーナル」(平日午後9時)が打ち切られるとの一部報道を受け、出演者らが27日、大阪市北区の同局を訪れ、番組の存続を求めた。
「経費削減のため、10月に終了」などと報じられたため、京都大原子炉実験所の小出裕章助教らが他の出演経験者に呼びかけ、スポンサー料を募っていた。この日は、小出助教らが集まった約210万円を持参、無料出演などを申し入れたが、局側は受け取りを拒否したという。
同番組は今春、原発事故の報道が評価され、「坂田記念ジャーナリズム賞」の特別賞を受賞。同局は「個々の番組の存続は、来月の番組改編会見までコメントできない」としている。

広告
カテゴリー: 小出裕章 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中