「原発をやめる100の理由」~エコ電力で起業したドイツシェーナウ村と私たち~ by 「おけらのいつか青空脱原発」様

パキパキ姐さんからお薦めの本が、おけらさんのところで書評がありました。9月に発売予定とのこと。まだamazonでも予約受付段階。
小出さんのインタビューがあるというし、是非買わなくっちゃ!
—————————

http://blogs.yahoo.co.jp/okerastage/9627976.html
「原発をやめる100の理由」~エコ電力で起業したドイツシェーナウ村と私たち~
のご紹介をいたします。

この本は「原発をはめる100の理由」日本版制作委員会が、監修・西尾漠さん(原子力資料情報室共同室長)築地書館出版として
発行したものですが、友人が制作委員会の一人として製作に関わっていることもあり、また「シェーナウの想い」という記録映画の20分ものの動画を観ていて、とても感動していたので
早く読みたいと思っていました。

実は今日、我が家に10冊届きました。
可愛いシェーナウ村のカットを配したブルーの綺麗な表紙です。
「原発をやめる100の理由」の一つ一つを一ページづつ簡潔にまとめています。どこから読んでもOK.
関心のあるページから読めばいいのが気楽です。

しかもページの「上の欄」には「ドイツから・・・・」、下の欄に「日本では・・・」と。

例えば、18番の「多くの非正規労働者を危険にさらしている」のページ。
 
ドイツから(上の欄)
原発の中では、何千人もの非正規労働者が被爆の恐れのある区域で清掃・除染・修理作業にあたっている。
彼らは請負業者からの連絡で原発が「ヤバイ」となるとお呼びがかかる。
ドイツ連邦環境省による1999年の統計によれば、こうした非正規労働者の被曝量は原発運営会社の正規労働者の数倍にのぼるという。
フランスでは彼らのことを、使い捨ての労働者を意味する「放射能のエサ」とも呼んでいる。
こうした非正規労働者は、放射性廃棄物で破裂しそうになっているごみ袋のわきで仕事をしたり、放射性廃棄物輸送用の巨大なタンクの
隣でコーヒーを飲んだり、それに不十分な防護服のままで原子炉内部の作業を行ったりしている。
彼らは仕事を始める前に、線量計のメーターを自分から切ってしまうこともある。
被爆線量が最大許容値に達してしまうと、原発での仕事を失ってしまうからだ。結局のところ、誰も仕事を失いたくないのだ。

日本では・・・?(下の欄)
ドイツの原発作業員の実情が、日本とあまりに似ているので驚きました。
原発は、最先端の科学の粋を集めた施設のように思われていますが、その裏では手作業による点検・保守が欠かせません・・・
(略)

こんな塩梅で
原発をやめる理由はひとつだけでも充分すぎるほど。 それを100項目も理路整然とわかりやすく、ですから
一つ一つ読んでみんなに伝えよう・・そんな気持ちになれます。

小出先生のインタビューも「ガレキ問題」まで入っていて、「いま」を感じます。
一冊1200円です。

なお、この本の194ページに映画「シェーナウの想い」(60分)をDVDで無料上映でできるとあります。
もしそうなら、ぜひ、希望者で鑑賞会をしたいと思うのですが・・。いかがでしょうか。
なお20分のUーtube動画はネットで「シェーナウの想い」で検索すれば観ることができます。

↓本の表紙がかわいいです。

原発をやめる100の理由エコ電力で起業したドイツ・シェーナウ村と私たち
http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1448-4.html

ドイツの小さな村シェーナウの人びとがチェルノブイリ原発事故後に、自然エネルギーによる電力供給会社を立ち上げた。
今やドイツ全土で約13万戸の顧客を抱えるまでに。

本書は、「電力の革命児」と呼ばれている彼らの経営する電力会社が、原発からの電力を買うか、自然エネルギーからの電力を買うか、お客さまに選んでもらうために配布している冊子「原子力に反対する100個の十分な理由」に、日本の実情をつけくわえたものだ。
ウラン採掘から使用済み核燃料、再処理工場、原発の本当のコスト、被ばく労働など、この1冊で原発の問題がまるごとわかる。
原子力のない未来に向かう希望の本。
小出裕章氏インタビューもあり。

カテゴリー: 小出裕章 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中