12/24根絶遠いシックハウス 見直される伝統の技【東京新聞・特報】

中日121226根絶できぬシックハウス←中日のPDF

忙しいから清打ちなんかしないけど、震災で被災して入った仮設住宅がシックハウスだなんて!こんなひどいことはない。
「多分、シックハウスに罹るヒトは電磁波障害にもやられやすいから、放射能汚染ですぐ影響が出るでしょうね?」と熊取の先生たちとお話したことがある。
もんじゅを見に行った翌日が大飯だったので「大飯は稼動してるから環境中に出てますよね?やばいかもしれないですよね?」なんて相談したりして、もちろん大飯へはマスクはめて行った。

————————————————————————————————
根絶遠いシックハウス 見直される伝統の技
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012122402000122.html
【東京新聞・特報】 2012年12月24日

 シックハウス症候群の健康被害は減少傾向にあるものの、なくなってはいない。厚生労働省がホルムアルデヒドなど化学物質十三種類について室内濃度の指針値を決めたのは十年前。最近では新物質の問題も出ている。厚労省は来年にも新たな規制方針を打ち出す構えだが、シックハウス根絶は容易ではない。 (小坂井文彦)

カテゴリー: ちたりた パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中