3/28-維新より 予備校医進 むずかしい(上牧川柳)-大阪市民の陳情書をゴミ箱に捨てた維新の井戸まさよし大阪市議(都島区)のブログ

idomasayosinogomibako

大阪市民をなめとんのか!ワレぇ(神鷲風に読んでね)
削除してもキャッシュで読めることも知らへんのか。
ようそんなんで議員になれるもんや。
あぁ 誰でもなれるんやね。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪維新の会の井戸まさよし大阪市議(都島区)のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/idomasa2/10808455.html
「陳情書の大半が片付きました」.2013/3/28(木) 午後 7:59日記練習用

今日は午前中が幹事会・団総で午後委員会採決の予定ですが、会派間交渉が延び
幹事会が始まったのが団総の時間となりました。例の市営交通民営化は昨日の段階で交渉は
残念な結果で終わってしまっています、それともう1つこの議会で議論しておく重要な件があるのです。
山ほど書きたいけど怒られちゃうのでこの件は今日はここまで。

予算案は組み換え等はなくいけそうでしたが、自公民が組んで重たい付帯決議を要求してきました、
国保保険料や幼稚園民営化などです、一部は事前に調整で維新としても賛成できるものがありますが、
大半はこれまでの議論を否定することにつながるので、修正せず通すことは無理な話、
各委員会でいろいろ議論して文面を考えたものの、最初から自公民は修正に応じる気はなく
賛否だけを返せと、全く時間の無駄の作業でした、まあ修正してもどうせ受け入れないだろうから
さらなる時間の無駄をする必要がなく良かったとも言えますが。

民生保健委員会は採決に加わらない委員長が自民党のため自公民では過半数に達せず、
結局共産党賛成の予算に関する付帯決議(災害廃棄物、管路輸送)だけを出してきました、
我々の修正を聞き入れていないので「セシウム等の放射線量」と科学的には誤解を与える表現、
言いたいことは多分「セシウム等の放射性物質(放射能)の量(=Bq)」だと思います、
あれほど金も手間もかかるベクレルの測定をたくさんすることにこだわっていましたから。
もちろん「セシウム等から放出される放射線量(=μSv)」等とも読めないこともないですが
仮に空間線量が上がってくるようなことがあればBqで言えば基準を桁違いに超える量です。
専門家がついているとのことですが、前の条例でも「甲状腺膿腫等の悪性新生物等」という、
医学的にはありえないような表現がありました、膿腫は膿を持った腫物で悪性新生物ではありません。

いずれにせよ予算の可決でガレキの陳情書等が議決を要しないものとなりました、
大半は市外からの扇動家が送り付けてきたデマだらけのメチャクチャなもので、
金太郎あめのように同じような中身で、印刷すること自体が紙の無駄と議会でも言ってました。
仮置き場である机の上に山積みしていたのが片付きました、あとは焼却処理あるのみです。

ーーーーーーーーーーー
http://www.asahi.com/politics/update/0330/OSK201303290214.html
市民の陳情書をゴミ箱に 大阪の維新市議、ブログに写真

井戸正利大阪市議がブログに掲載した写真。議会への陳情書をゴミ箱に捨てた様子を撮影している

 【川田惇史】大阪維新の会の井戸正利大阪市議(50)が28日、自らのブログに、市による東日本大震災の災害廃棄物処理に反対する市民が寄せた陳情書をゴミ箱に捨てた写真を掲載し、「(陳情書は)市外からの扇動家が送り付けてきたデマだらけのメチャクチャなもの」などと書き込んでいたことがわかった。29日に削除したが、ネット上で批判が相次いでいる。

 大阪市は2月から岩手県の災害廃棄物を受け入れ、焼却後に埋め立て処理を始めた。29日閉会の市議会では処理費用を盛り込んだ新年度予算案が可決され、処理に反対する多くの陳情書は採択されなかった。

 井戸氏は元大阪府参事で一昨年の市議選で初当選した。ブログでは、陳情書を捨てた写真とともに「仮置き場である机の上に山積みしていたのが片付きました、あとは焼却処理あるのみ」と記載していた。

 井戸氏は朝日新聞の取材に「誤解を与える表現だった。申し訳ない」と話している。

カテゴリー: ガレキ パーマリンク