7/23(火)原発ゼロ上牧行動「さらば泊原発。もう静かに眠っておくれ」

今日、7月23日(火)は原発ゼロ上牧行動です。主催者のブログからネタをパクってきました。

暑いですね。おまけに選挙では原発再稼働どうなるの・・心配になるような結果です。
こんなときこそいつもの通り、元気に上牧行動。
原発は危険! 選挙で原発安全になったわけでなし。
頑張ってやっていきましょう。皆さんよろしくお願いします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
http://takatukigomi.sblo.jp/article/71232624.html

    原発ゼロ上牧行動
 7月23日 午後6時~7時
  阪急上牧駅前広場
 チラシ↓

———((チラシ))——————-

原発ゼ口上牧行動

上牧北駅前町 関電八木社長
大飯原発止めて下さい

原発の新しい規制基準が施行された7月8日、北海道、関西、四国、九州の電力会社4社が、再稼動に向けた安全審査を原子力規制委員会(田中俊一委員長)に申請しました、北海道電力が泊原発1、2、3号機(北海道)、関西電力が現在稼動中の大飯原発3,4号機(福井県)と、高浜原発3、4号機(福井県)、四国電力が伊方原発3号機(愛媛県)、九州電カが川内原発1、2号機(鹿児島県)の計5原発10基。
 東電は新潟県泉田知事に
「なぜ急いだのか。東電は住民の不安解消や安全より、お金を優先したのではないか」
と糾弾され、8日の申請を断念しました。
私たちも、関電八木社長に同じことを言いたいと思います。
お金より命が大事です。

—————————-

再稼動反対の声をあげていきましょう。
原発再稼動の申請が次々出されてきていますが、各地の原発所在地で再稼動反対の声があがってきています。
みんなで原発反対の声をあげていきましょう。
希望は原発のない未来です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「さらば泊原発。もう静かに眠っておくれ」
   『やめて再稼動!なくせ泊原発!』7.13行動

 むかしむかし、この岩内の浜にニシンが押し寄せてきた。ニシンをとり、岩内は繁栄を極めている。ニシンが消えた後、次に「スケソウ」がこの浜にやってきた。スケソウをとり、タラコを造り、日本一おいしいタラコとして全国に出荷され、再び、岩内は繁栄を極めていった。時が流れ、スケソウがとれなくなりかけた頃、原発がやってきた。

 この町は最初に『ニシン』がやってきて、次に『スケソウ』がやってきて、最後に原発がやってきた。原発がやってきてどうなったかって、そんなこと見ればわかるだろう。 人口は半分になり、量子がいなくなり、漁業はほぼ全滅し、基幹産業を失ってしまった。今となっては、原発に賛成したひとたちでさえ、「死んだような町になった」となげいている。

  さらば、さらば泊原発。 もう静かに眠っておくれ。
  さらば、さらば泊原発。 もう静かに眠っておくれ。

 泊原発を再び動かせば、今度こそ、原発のゴミ(使用済み核燃料)であふれて、泊原発は自滅する。今1号機、2号機のプールはほぼ満杯。3号機のプールに1、2、3号機の核のゴミを居れると、5、6年で満杯になる。積丹半島沖大地震が起きたら、岩内も北海道も全滅する。
 泊原発が見える岩内の浜で、泊原発に向かって再稼動反対の声をあげよう。
 私たちの声が、海を越えて泊原発に届き、日本中に届き、未来に届き、そして希望ははじまっていく。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第2第4火曜日 午後6時~7時 
阪急京都線「上牧(かんまき)}駅前広場
原発ゼロ上牧行動
プログ
http://takatukigomi.sblo.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

カテゴリー: ちたりた パーマリンク