9/18放射性セシウム:放置の木材から−−滋賀の鴨川【毎日新聞】

来月オスプレイが飛行する滋賀県高島市。
琵琶湖に注ぐ鴨川で、福島第一原子力発電所関連の放射能汚染された木材が放置のニュース。
台風で鴨川は決壊してるから琵琶湖に流れ込んでるかもしれない。
オスプレイが落ちる前からこんなニュースがあるなんて!

——————–

放射性セシウム:放置の木材から−−滋賀の鴨川

毎日新聞 2013年09月18日 大阪朝刊
http://mainichi.jp/area/news/20130918ddn041040008000c.html

 滋賀県は17日、同県高島市安曇川町下小川の鴨川左岸に敷設・放置された大量の木材チップから1キロあたり180〜3000ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。河川や近隣の農産物などからは検出されていないという。

 県によると、チップ量は約580立方メートルで、河川管理用通路に敷設されたり、土のう袋77袋に入れて放置されたりしていた。搬入に関わったという人物の話から放射能汚染が疑われ、調べた。この人物は福島第1原発事故との関連を示唆しているという。県は現場を立ち入り禁止とし、ビニールシートで覆った。【千葉紀和】

広告
カテゴリー: ちたりた, 高島汚染チップ タグ: パーマリンク