10/25核融合研:職員が市民団体ブログに匿名書き込み→処分[毎日新聞]

核融合研:職員が市民団体ブログに匿名書き込み→処分

毎日新聞 2013年10月25日 20時43分
http://mainichi.jp/select/news/20131026k0000m040068000c.html

 核融合科学研究所(岐阜県土岐市)は25日、男性職員(57)が勤務中に、市民グループ「多治見を放射能から守ろう!市民の会」のブログに書き込みをしたとして、訓告処分にしたことを明らかにした。処分は24日付。

 核融研や同会によると、職員は今年5〜7月、同会のブログのコメント欄に「よくまあこれだけ根拠のないコメントを集められたものですね」「核融合研から名誉毀損(きそん)で訴えられるかもしれませんよ」などと、匿名で4件書き込んだという。

 核融研は処分理由について「職員がパソコンを職務外に使用したため」と説明。小森彰夫所長は「関係者や市民におわびします。再発防止に向けて就業規則の順守を徹底します」とコメントした。

 同会は、核融研のパソコンから書き込まれたとして、今月15日に事実関係を確認するよう求めていた。同会の井上敏夫代表は「送信したのが1人だけなのか疑問だ。核融研側と意見交換する場を設定して真相を解明したい」と話した。【小林哲夫】

.—————————-

不正アクセス疑いで核融研元職員を逮捕 

2013年10月8日 12時12分【中日 社会】
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013100890121221.html

 岐阜県土岐市の核融合科学研究所の元職員が研究所や同僚のパソコンに不正アクセスをした疑いをもたれている事件で、多治見署は8日、不正指令電磁的記録供用と不正アクセス禁止法違反の疑いで、元職員の名古屋市名東区、浅野英児容疑者(45)を逮捕した。

 逮捕容疑では6月16日、当時勤務していた核融研で、自分が遠隔操作ができるソフトウエアを同僚のパソコンに無断で入れたとされる。さらに7月28日から8月6日までの間に核融研のメールサーバーに同僚の認証番号やパスワードを入力し、同じ同僚のメールをのぞき見たとされる。署によると、容疑を認めている。

 核融研は文部科学省所管の自然科学研究機構(東京)の施設で、核融合発電を研究。浅野容疑者は機器の管理をしていた。核融研の松永幸夫総務企画課長は「核融合発電の研究内容に関する情報漏えいの可能性はない」としている。

 浅野容疑者は核融研で同僚の書籍を盗んだとして9月に逮捕され、処分保留で釈放されたが、諭旨解雇の懲戒処分になった。

(中日新聞)

カテゴリー: ちたりた タグ: パーマリンク