11/23再検査サンプルを採取 汚染木材チップ県、高島の現場で【中日新聞・朝刊】

どれだけ雨で洗い流されて琵琶湖へ流入したことやら。滋賀県民怒っていいんだぞ。これは中日のWeb上に見当たらなかったので文字おこし。
——————

再検査サンプルを採取 汚染木材チップ県、高島の現場で

2013/11/23【中日新聞・朝刊】

(写真)木材チップを採取する県職員=高島市安曇川町の鴨川河川敷で

 高島市安曇川町の鴨川河川敷に放射性物質に汚染された木材チップが放置されている問題で、県は二十二日、二回目の検査のため現場で試料を採取した。
 
 約五百七十メートルにわたり河川敷に敷設されている木材チップを三十メートル間隔で二十カ所、河口付近に放置されている土のう袋からは四カ所でサンプルを採取。土のう袋のチップは表面と深さ三十センチ、五十センチ、七十センチのそれぞれから採取し混合して計測する。

 サンプル試料は県衛生科学センターに持ち込み検査。採取は地元住民らも見学し作業を見守った。

広告
カテゴリー: ちたりた, 高島汚染チップ タグ: , パーマリンク