3/18越谷ツィッター事件「本会議で否決されました」・12月議会報告:白川議員

14:15 というのを聞いて、昨日の午後2時15分に決まったと思ったら違った。一票差で負けたということだ。ふーん、人間の頭数か。
それで、越谷市議は29人居るというのが分った。
名簿を探したら越谷市議会の議員は31人で 金井直樹議長さんを引いたら30人。当事者辻さんを引いて29人なんだろう。うん。きっとそうだ。
自由民主党市民クラブ と 公明党越谷市議団 を足しても11人。あと4人はきっと「清流越谷」だろう。
この清流越谷の佐々木浩市議のセクハラ発言で懲罰委員会が昨日あったらしい。なんなんだ?この質の低さは。
公明党か自民党の誰かが寝返らない限り、これははじめっから勝負が決まっていたのかもしれない。
けれど、全世界中に越谷市議会を注目させたということが、一番の収穫だと思う。

それから「白川秀嗣の越谷市政報告」という市議のブログに12月議会報告があった。
これは知らなかった。来月あたりもう一度ここを訪問してみよう。

—————————-

「本会議で否決されました」

http://tekkai.jimdo.com/

本日、越谷市議会本会議にて「越谷ツイッター事件」辻浩司議員に反省を求める決議撤回市民請願の採決が行われました。多数の傍聴者の見守る中、昨年12月の反省決議案可決時と同じ14:15の賛成少数で否決されました。

請願にご協力いただいた皆様に心から感謝申し上げます。

一度可決割された決議の撤回を求める市民請願というのは前代未聞であり、その請願が委員会で可決されたのも前代未聞とのことです。

この請願活動は多くの市民の方々、そして全国の心ある方々の毅然たるご協力をいただきました。
最終的に本会議で否決されはしましたが、この請願活動が市議会・世論に大きな影響を与えたことを確信します。
—————————–

 越谷市議会 議員名簿(平成26年1月30日更新)

 氏名              会派名
——————————————————-
1 福田晃(ふくだ あきら)    民主党・市民ネットワーク
2 辻浩司(つじ こうじ)     民主党・市民ネットワーク 
3 橋本哲寿(はしもと てつひさ) 清流越谷
4 髙橋幸一(たかはし こういち) 清流越谷
5 大野保司(おおの やすし)   保守無所属の会
6 小林豊代子(こばやし とよこ) 保守無所属の会
7 菊地貴光(きくち たかみつ)  新政クラブ
8 武藤智(むとう さとし)    新政クラブ
9 山田大助(やまだ だいすけ)  日本共産党越谷市議団
10 大石美恵子(おおいし みえこ)民主党・市民ネットワーク
11 畑谷茂(はたや しげる)    公明党越谷市議団
12 瀬賀恭子(せが きょうこ)    公明党越谷市議団
13 竹内栄治(たけうち えいじ)  公明党越谷市議団 
14 橋詰昌児(はしづめ しょうじ)公明党越谷市議団 
15 島田玲子(しまだ れいこ)    自由民主党市民クラブ
16 服部正一(はっとりしょういち)自由民主党市民クラブ
17 江原千恵子(えはら ちえこ)  保守無所属の会
18 松島孝夫(まつしま たかお)  新政クラブ
19 藤森正信(ふじもり まさのぶ)新政クラブ
20 白川秀嗣(しらかわ ひでつぐ)新政クラブ
21 金子正江(かねこ まさえ)    日本共産党越谷市議団 
22 玉生芳明(たまにう よしあき)民主党・市民ネットワーク
23 後藤孝江(ごとう たかえ)    清流越谷 
24 佐々木浩(ささき ひろし)    清流越谷
25 守屋亨(もりや とおる)      公明党越谷市議団 
26 岡野英美(おかの ひでみ)    公明党越谷市議団
27 金井直樹(かない なおき)    自由民主党市民クラブ  ※議長
28 浅井明(あさい あきら)      自由民主党市民クラブ
29 伊藤治(いとう おさむ)      自由民主党市民クラブ
30 野口佳司(のぐち けいじ)    自由民主党市民クラブ
31        
32 樫村紀元(かしむら きげん)  新政クラブ 

———————–

白川秀嗣の越谷市政報告

http://shirakawa.laccess.net/?p=1162

1月 9 第122回タウンミーティング報告
2014.1.8「チーム白川」事務局
第122回タウンミーティング報告書(2013年12月14日/白川事務所)

★ 12月議会報告:白川議員

・12月議会の冒頭から「辻議員に反省を求める決議」を巡って紛糾した。

・事の発端 国会の審議で問題になった「特定秘密保護法案の強行採決に抗議し、慎重な国会審議を求める意見書」を辻議員が議会初日の12月2日に議会運営委員会(以下運営委と略す)に提案した(意見書を提出する場合は期日指定があるが、緊急の場合はその限りではない)。この“緊急の事態”を巡って自民党・公明党は①先議(議会初日に採決する事)が必要だから緊急性が無い、②地方議会が国会に関与するのはなじまない、③国会で審議中だから見守るべきだ、と反論し、5会派は緊急性がある、自民・公明はないと言う事で、「全会一致」にならないとの理由で意見書は本会議に上程されなかった。

・辻議員のツイッター発言を巡って この運営委での自民党・公明党の発言と結論に対して辻議員はツイッターで「自民・公明の不当な反対で意見書の提案そのものを阻止された」と掲載した。この掲載に対して自民党・公明党は辻議員に訂正や謝罪を求めて代表者会議で問題視した後、辻議員がこれに応じなかった事から「辻議員に反省を求める決議」を本会議に上程した。賛成討論には自民党、公明党の2名が立ったものの、清流越谷は決議には賛成したが討論には誰一人立たなかった。反対討論は民主ネットワーク3名、新政2名、保守無所属2名、共産党1名と8名が立った。・結果は15対14で決議は可決されたが、傍聴席には最大90名近くの市民が埋め尽くし、すべての議事が終了したのは午前1時を過ぎていた。

・議員個人の政治活動に対して多数派がこれを議決して抑制するやり方こそが問題ではないか。

カテゴリー: あざらしぐりこ タグ: , パーマリンク