11/12政府が体制立て直しを もんじゅ移管勧告で知事が要望書/もんじゅ廃炉求めデモ行進(福井市)【中日新聞・福井】

運営主体を変えたって無理。
「こんなのやったって動くわけないんだよなぁ。世界中で研究を放棄したんだもん」と思いながら動かそうとしてるんだから。
http://www.atom.pref.fukui.jp/senmon/dai83kai/No.3-1.pdf

=======

政府が体制立て直しを もんじゅ移管勧告で知事が要望書

【中日新聞・福井】 2015年11月12日
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20151112/CK2015111202000008.html

馳浩文部科学相(右)に要請書を手渡す西川一誠知事=東京・文部科学省で(県提供)
写真
原子力規制委員会が運営主体の変更を文部科学相に勧告することを決めた日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(敦賀市)について、西川一誠知事は十一日、政府が責任をもって運営体制を立て直すことなどを求める要請書を馳浩文科相に手渡した。

要請書では運営主体任せにせず、関係閣僚による政府の責任の所在を明確にすることを要望。研究開発の目標と達成する期間を具体的に示し、進み具合を評価する体制を築くよう求めた。

他に規制委との「不明瞭な協議」の早期の検証を要望。西川知事はこれまでにも「規制委のこれまでの助言にも親切さが欠けている」としており、今回も規制委の対応を批判した形だ。規制委には高速炉用の新規制基準の早期策定も求めた。

県政策推進課によると、馳大臣は「近いうちにもんじゅを視察したい」と述べた。

(塚田真裕)

◆もんじゅ廃炉求めデモ行進

cyu151112_fukui原発ともんじゅの廃炉を求め、デモ行進する市民ら=福井市役所前で

写真
反原発を訴える住民ら四十人ほどが十一日、県庁周辺をデモ行進した。原子力規制委員会が四日、敦賀市の高速増殖原型炉「もんじゅ」の運営者を代えるよう文部科学省に勧告する方針を決めたことを受け、参加者からはもんじゅの廃炉を求める声が上がった。

デモ隊の先導車が「もんじゅは建設に一兆円、一日に五千五百万円もの維持費がかかりながら、何の成果も出ていない。国はいつまでどれだけの税金をつぎ込むのか」とアナウンス。デモ隊は「若狭に新しい雇用を増やそう」とコールし「やめたい とめたい 核燃料再処理」と書かれたプラカードを掲げた。

福井市文京の西村明宏さん(72)は「核燃料サイクル自体が破綻しているので、もんじゅは新しい運営者を探すのでなく、廃炉にするしかないと思う」と話した。

(上原梨花)

広告
カテゴリー: 放射能汚染, 中日東京新聞・特報 タグ: パーマリンク