11/23(月祝)上牧本澄寺W ライブ本堂屋根棟完成記念コンサート 

私は奈良ゆみさんのサティの歌を高槻現代劇場でお聴きしたことがあります。
それまでジムノペディしか知らなかったんですが、サティが好きになったのは奈良さんのおかげです。

チラシ→honcyouji_live_flyer151123

================

   本堂屋根棟完成記念コンサート

  11/23(月祝)上牧本澄寺W ライブ

(高槻市上牧町2-6-31阪急京都線・上牧駅から南へ徒歩7分)

戦後50 年に出来た沖縄戦県民映画『GAMA 月桃の花』 20年の上映運動の中で、武断派鎌倉幕府と対峠された日蓮大聖人の寺の本澄寺を場に、沖縄から毎年人を招き、私達は軍事基地と平和の問題を、憲法9条の意味を考え続けて来ました。音楽家・海勢頭豊コンサートの継続は、彼が常にオール沖縄基地撤去運動の中心に居るからです。(裏面の住職三好・海勢頭両名の文をお読み下さい。日蓮大聖人在世時の13世紀に琉球国も胎動し、日蓮大聖人の龍ノ口御法難の場の江ノ島が竜宮神の聖地でまた一致します。) 本澄寺に墓と記念館のある詩人三好達治が、先の戦時中に忘れ去られる“レンゲ摘み”の母子の情を『いにしえの日は』の詩にし、戦後少年時に感動したフランス文学者・海老坂武を通してこの詩を知った奈良ゆみが、前衛作曲家・松平頼則に作曲を依頼し、フランス・パリに居住活躍中の奈良ゆみの為に2001年に作曲され、松平氏はその5カ月後には94歳で逝去されました。
三好達治は憲法9条を強く支持していました。彼等が私達に託したものは何なのか、国会での戦争法案強行採決に抗議の意を込めて、また第三代目の本澄寺本堂の屋根棟修築工事完成の記念コンサートとして、奈良ゆみさんを招きました。是非ご参加下さい。

1 部 14:00~
奈良ゆみ〈ソプラノ)
変幻の声-SOLOVOICE
歌唱のみで、間近で鑑賞できるコンサート

2 部 15:15~16:45  手話通訳あり
海勢頭 豊&島田路沙
オール沖縄の心を歌う

《前売り》
一般     2000円
障がい者  1500円
シルバー  1500円
高校生以下1000円(当日はいずれも500円増)

12時~14時、境内でアトラクションタイム
本澄寺境内で模擬店(11時~) エイサ一、唄三線、琉球舞踊、バンド演奏
沖縄物産、自然食品、フリマ、共同作業所の店などの模擬店出店(出店・チケットご希望の方下記連絡先まで)
主催:映画GAMA・MABUI上映高槻・島本実行委
時枝電話・FAX 072-692-0223 メール:hsnk@tcn.zaq.ne.jp
共催:日蓮宗上牧本澄寺・三好達治記念館
高槻市上牧町2-6-31電話072-669-1897 FAX 072-669-1899

(((((チラシ裏面))))

   蒙古フビライ帝と日蓮大聖人  日蓮宗かんまき本澄寺 住職・三好龍孝

750年前の鎌倉時代の日蓮大聖人は、地震・飢僅・伝染病などに人々が苦しむのを愁い、お釈迦様の正しい「法華経」の信仰を『立正安国論』で文應元(1260) 年に鎌倉幕府に提言され、内乱と他国の侵攻という、最大の災害たる戦争発生を予言されました。他宗派では危機は救えないと警告されたので、翌月には他宗派民衆の襲撃(松葉ケ谷の御法難)、翌年には幕府による流罪(伊豆の御法難)、2年後赦免の翌年には故郷の悪領主の襲撃で頭に万傷を受けられました(小松原の御法難)。提言8年後の文永5(1268) 年には蒙古国書が到来して戦争の予言が的中、「少しも妻子を憶うこと莫(なか)れ、権威を恐れること莫れ」と命がけの行動を檀信徒に指示されました。他宗派と幕府の謀略により、文永8年(旧暦) 9月12日の夜中に龍ノ口処刑場で斬首寸前、江ノ島《竜宮神》よりの光り物で斬れず、佐渡へ流罪(龍ノ口御法難)、佐渡で文永10 (1273) 年の『観心本尊抄』に『当に知るべし(末法の法華経指導者の)此の四菩薩、折伏を現じる時は賢王と成って愚王を誠責し、摂受を行じる時は僧となって正法を弘持す』と書かれた。[これを江戸時代中期にー妙日導(中村檀林153世)は『祖書綱要』で「蒙古フビライ帝(賢王)が鎌倉幕府(愚王)を誠めて責め、日蓮大聖人は日本で僧として正法(法華経)を弘持」と解釈、昭和戦後に茂田井教亨(立正大名誉)教授は戦時中を回顧し「清水(龍山)先生(茂田井教授の思師)も山川(智応)先生(国柱会)も困っておられたのですね。…。今ならはっきり言える。これは日本の愚王を誠責すということなのですよ。」 と発言(『本尊抄講讃』 1284頁)、これが学者の定説です。〕
翌文永11年(1274) 年の2月に赦免で佐渡から鎌倉へ、幕府に三度目の諌言、5月に身延に入山、10月に蒙古が対馬・壱岐および筑前に侵攻(900艘・1万5千人)、身延の日蓮大聖人は「宗対馬の尉逃げければ百姓等をば…。一人も助かる者なし。…壱岐…又是の如し…。…。文今度はいかがあらん。彼国の百千万億の兵、…寄せてあるならば如何に成るべきぞ。(一谷入道御書)」とこの『文永の役』を蒙古の警告と見られています。幕府は建治元(1275) 年に蒙古(元)の使者(3回分9人)を斬り、日蓮大聖人は「日本国の敵にて候念仏・真言・禅・律等の法師は切られずして、科(とが)無き蒙古の使いの頚を刎ねられ候ける事こそ不便(ふびん)に候へ」と批判、弘安2 (1279)年に北条時宗が又斬り、蒙古(元)の怒りで今度は大規模な『弘安(4年)の役』(4,900艘・42万5千人)と成る。この間弾圧の中心の北条義政の失脚等があり、将軍惟康親王が日蓮大聖人に依頼の旗曼荼羅を先頭に東国からの大将宇都宮貞綱が九州到着時には、蒙古(元)の軍勢は退却、世間の他宗派は自らの手柄と《神風》を叫び、日蓮大聖人は「秋風に●(わず)かの水に敵船賊船なんどの破損仕りて候を」と批判、神風論を相手にするなと門下に厳命された。 インドからシルクロード経由で中国・日本と伝わったお釈迦様の仏教世界が俯瞰され、お釈迦様が法華経で予言の『四菩薩』がこの世界に出現、賢王として蒙古フビライ帝、僧として日蓮大聖人、『四菩薩』同士の平和協力外交が構想されています。現に核兵器・巡航ミサイル・無人機まで登場、満州事変張本人の石原莞爾(国柱会員)も原爆後の戦後は「丸腰非武装論」 を主張、今、平和憲法第9条第2項が本気で尊重されるべき時なのです。                   合掌

 新曲・辺野古旅情( 解説)  ジュゴン保護キャンベーンセンター代表・平安座島の神人  海勢頭 豊

辺野古・大浦湾は、ジュゴンの古里です。ジュゴンは沖縄・琉球の守護神であり、竜宮神と呼ばれる神獣です。かつてはヒミコが3世紀に建国した、倭国の守護神でもありました。その証拠が沖縄だけでなく本土各地に分布するマガタマや、三つ巴紋の象徴です。「平和の神・航海安全の神・豊穣の神」 と崇拝されるジュゴンですが、その信仰のルーツは旧約聖書の出エジプト記に記された、《神》の定めた幕屋の造り方に由来します。即ち《神》は、人々に「家の屋根ができたら、その屋根をジュゴンの皮で覆いなさい」と教えていました。戦争のない平和な暮らしがしたいなら、ジュゴンのようにおとなしく、無防備に生きる勇気を持ちなさいとの教えです。その教えを守る為に倭国で広まったのが、即ち仮宿を護る意味の「宿神信仰」でした。しかし倭国に於ける「竜宮神・宿神信仰」は、4世紀の崇神に王権を奪われて以降「武力信仰」による迫害に苦しめられてきました。そこで信仰心の厚い人々は、止むなくジュゴンの棲む倭及奴(ウチナー)に移り住むようになり、12-13世紀にはジュゴンを守護神としたグスク・護宿文化の花を咲かせ、世界の認める平和国家「琉球王国」を建設するに至ったのでした。
しかし500年にもわたり平和を維持した琉球にも、ヤマトからの迫害の歴史は続きました。それでも人々は、邪風の襲来に耐え、島津による支配に耐え、明治国家による琉球処分に耐え、地獄の沖縄戦を耐え、米国軍事支配下の屈辱も耐え凌ぎ、そして現在、辺野古新基地建設を強行せんとする日本政府の圧力にも屈せず、ひたすら旧約聖書の神の教えを守り、ジュゴンを護る為に闘い続けているのです。つまり、辺野古新基地建設を巡る沖縄と日本政府の対立の背後には、いかなることがあろうと「守護神ジュゴン」を護る宿命にある人々の信仰と、そのジュゴンから古代史の真実が明かされては困る、明治維新以降の「神国日本の建国の歴史の嘘が暴かれることを恐れる」政府の、退くに退けない立場があるということです。                                                (了)

広告
カテゴリー: 講演会, 憲法, 戦争法案, 沖縄, 上牧行動 パーマリンク