12/15原発再稼働反対署名が30万人に 実行委、福井県に追加提出【フクナワ】

課長に渡したのか。知事の西川は受け取りたくないから、また逃げ回っているのだろう。

================

原発再稼働反対署名が30万人に 実行委、福井県に追加提出

http://fukunawa.com/fukui/7504.html
2015年12月15日 12:24【福井新聞】

追加署名と申し入れ書を提出する実行委員会メンバー(左)=14日、福井県庁

福井県内の原発再稼働に反対する「もう動かすな原発! 福井県民署名」県実行委員会は14日、西川一誠知事宛てに福井県内外から寄せられた署名9万4650人分を福井県に追加提出した。3月に手渡した1次提出分との合計は、29万9659人となった。

実行委によると、約30万人分は県内原発に関する反対署名の中で過去最大規模。北陸や関西、東海地方など県外からの署名が圧倒的に多く、「原発の再稼働問題が、立地県の問題にとどまらないという認識が広がっている」としている。

メンバー約30人が県庁を訪れ、県原子力安全対策課の野路博之課長と懇談。署名を提出するとともに、関西電力高浜原発3、4号機の再稼働を認めないよう申し入れた。

中嶌哲演代表委員は、高浜3、4号機の地元同意手続きに関し、「西川知事は自分自身の県民に対する安全と命をどこまで守れるか、それに対しどこまで責任を負えるのかという覚悟を明確にしてほしい」と主張した。

これに対し野路課長は「原子力を進めるのは、国の一元的責任だと思う」とした上で、「国や事業者の動きをしっかり監視するのが、地元行政の役割だ」と述べた。

同実行委は同日、県議会に対しても同様の申し入れを行った。

広告
カテゴリー: 再稼働 タグ: , パーマリンク