12/15高浜原発、安全協定を 知事と高島市長【中日新聞・滋賀】

まるでそこに原発がないかのように、滋賀県をはみごにしている関電!廃炉にしてぶっつぶすまでは危険なんだけど、分かっているのかしら?避難計画ってちゃんとできてないくせに。
裁判でもろくに資料を提出しない(できない)関電。
クリスマスイブに若狭の原発の動向が決まるようだけれど、きっとイエス様がお守り下さるはず。「林裁判長ありがとう」の横断幕を用意すべきだわ。
♪高島汚染チーップ という替え唄が流行って、クリスマスに滋賀県庁に行ったのは一昨年だったのかしら?懐かしい。
============

高浜原発、安全協定を 知事と高島市長

【中日新聞・滋賀】2015年12月15日
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20151215/CK2015121502000021.html

cyu151215shiga写真
福井県高浜町の関西電力高浜原発をめぐり、三日月大造知事と同原発から三十キロ圏に一部が掛かる高島市の福井正明市長が十三日、県公館で会談し、関電との間で早期に安全協定締結を目指す方針を確認した。ひとまず再稼働の同意権限にはこだわらず、関電も応じる見通しだ。

これまで、関電は高浜原発から三十キロ圏に掛かるのが滋賀県ではごく一部として、より近い京都府などとの協議を優先させてきた。

県原子力防災室によると、継続してきた協議が最近進展し、関電も締結に前向きな姿勢を示している。地元の高浜町長が再稼働に合意するなど“再稼働ムード”が高まる中、関電が周辺に一定の配慮を始めたと見る向きもある。

関係者によると、現時点で協定内容は、長浜市が関電美浜原発(福井県美浜町)と結ぶ、平時からの連絡義務などを盛った「隣々接並み」となる可能性が濃厚とされる。

これまで三日月知事は、再稼働の同意権限を含む立地自治体並みの協定を求めてきた。三日月知事は十三日の会談終了後の会見で「実効性ある多重防護態勢がない限り再稼働を容認できる状況にはないという方針は全く変わらないが、現存する原発に近い自治体として向き合っていく上で、安全協定は必要だ」と述べた。

会議に同席した長浜市の藤井勇治市長も「立地自治体並みの協定を結びたいが、そこにこだわると電力会社が乗ってこない」と吐露。福井市長は、「隣々接並み」の協定を「まずはスタートライン」としたいと述べた。

県や高島市、長浜市は高浜を除く敦賀や美浜、大飯など福井県内の原発群とは二〇一三年四月、立地自治体より権限が弱い内容の安全協定を締結している。

(井上靖史)

高浜原発避難計画を了承へ 政府、防災会議18日で調整

【東京新聞・社会】 2015年12月14日 23時40分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015121401002184.html

関西電力が再稼働への準備を進めている高浜原発3、4号機(福井県)について、政府が福井、京都、滋賀3府県の避難計画を了承する見通しであることが14日、分かった。18日に原子力防災会議(議長・安倍晋三首相)を開き、了承する方向で調整している。

原子力防災会議に先立ち、3府県と原子力防災を担当する内閣府は、16日に東京都内で地域原子力防災協議会を開き、避難計画をとりまとめる。

福井県の西川一誠知事は20日に林幹雄経済産業相に会う見通しで、避難計画の了承は再稼働への知事同意に向けた環境が一つ整うことになる。

(共同)

広告
カテゴリー: 再稼働, 放射能汚染, 中日東京新聞・特報 タグ: パーマリンク