福井県原子力安全委員会中川委員長の報告書​(12/19)から

civilsociety-f.

 永岡です、高浜再稼働に関して、中日新聞福井版、福井新聞の報道が出ました。
中日福井版、
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20151220/CK2015122002000009.html

福井新聞、
http://fukunawa.com/fukui/7765.html

また、県の報告書も出ています。

 西川知事は再稼働イケイケであり、田島委員が異議を唱えましたが、中川委員長ほかは再稼働を見てメ
ています、中日の記事の要所を示します。

◆田島委員「3点が反映されず」

報告書案を議論した県原子力安全専門委員会の前回会合で田島俊彦委員(県立大名誉教授)が「重要な
点が抜けている」と指摘した七点のうち三点は、最終報告書に反映されなかった。

三点は、基準地震動(耐震設計の目安となる地震の揺れ)が七百ガルでは過小だとする意見とテロ対策
の欠如、使用済み核燃料ピットの危険性。

基準地震動の議論について、中川英之委員長は「想定外にも対応できるような準備はされている」と報
道陣に説明。テロ対策には水源、電源確保や外部侵入者対策は十分だとした上で「発電所ではなく、むし
ろ国の問題」との認識を示した。使用済み核燃料ピットについては、地中にあるため直接の航空機衝突の
心配がないことや航空機の燃料が引火した場合も十分な消防体制を構築していると理由を説明した。

中川委員長によると田島委員からは「このままでは認めがたい」との意見があった。報告書は田島委員
以外は了承した。

ちなみに、今日も福井県庁前で再稼働反対のデモがあったとのことです。

(*ちたりた 林経産相に県庁前で抗議のこと)

高浜の高裁決定は24日です。以上、お知らせいたしました。

広告
カテゴリー: 福井県原子力安全委員会, 再稼働, 永岡さん, 中日東京新聞・特報 パーマリンク