原子力資料情報室から、 新・もんじゅ裁判関連情報:12月25日 東京の行動

永岡です、原子力資料情報室の澤井さんの情報で、24日の高浜裁判後の、東京での会見のことです。

<以下、転送>
皆さま

澤井@CNICです。
年末になりますが、もんじゅ、そして核燃料サイクルを止める
新たなアクションです。皆さまの参加をお待ちしております。

———————————————————————–
【転載・転送歓迎】

もんじゅを廃炉に! 核燃料サイクル政策からの撤退を!

 新・もんじゅ訴訟提訴

  支援集会に参加を!

2015年12月25(金)
集合:東京地方裁判所前(最寄駅:霞ヶ関駅A1出口)
14:00〜 前段支援集会(東京地裁前)
14:30〜 提訴行動
15:00〜 原告・弁護団代表記者会見 (司法記者クラブ)
(ちたりた注:司法記者クラブ: 100-0013 千代田区霞が関1-1-4高等裁判所内 03-3581-5411)

民意を無視し暴走し続ける安倍自公政権は、原子力政策でも多くの人々が脱原発を望んでいるにもかかわらず、原発推進に前のめりになりエネルギー基本計画で、原発の再稼働や核燃料サイクルの推進を掲げています。しかし、その破たんは明らかです。特に核燃料サイクルの中心である六ヶ所再処理工場は、23回も完成が延期され、いつ動くのかもまったく予測できません。高速増殖もんじゅは、度重なる事故や機器の点検漏れなど、技術も組織も欠陥だらけで、ついに原子力規制委員会から、もんじゅの実施主体である日本原子力研究開発機構に対して、事業主体の交代を求めるレッドカードが突き付けられました。巨費を投入してもいまだ完成しない核燃料サイクルは、永遠の幻でこのまま「退場」しかありません。
今回、もんじゅの破たんを前にして、もんじゅから250キロメートル以内の住民を中心として、原子力規制委員会に対してもんじゅに係る原子炉設置許可処分の取り消しの義務付けを求める「新・もんじゅ訴訟」を提訴することになりました(被告は国)。東京地方裁判所への提訴で、当日は現地福井からも原告が上京します。
原告の上京に合わせ、激励行動として地裁前での集会と原告・弁護士からの決意表明をしていただきます。もんじゅ廃炉に向けたこの行動に、首都圏から多くの方々のご参加をお願いします。

呼びかけ団体
再処理とめたい!首都圏市民のつどい/原水爆禁止日本国民会議/日本消費者連盟 /原子力発電に反対する福井県民会議

問い合わせ 03-5289-8224(原水禁)
0776-21-7784(原子力発電に反対する福井県民会議)

広告
カテゴリー: じーじ, 裁判, 再稼働, 放射能汚染, 永岡さん, 上牧行動 タグ: パーマリンク