ちくしょう!12/22【中日新聞・社会】高浜原発再稼働、福井知事が同意 福井地裁、24日に判断

2015年12月22日 11時53分【中日新聞・社会】

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015122290115357.html

高浜原発再稼働、福井知事が同意 福井地裁、24日に判断

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働について、福井県の西川一誠知事は22日午前、県庁で会見を開き、同意すると表明した。県議会などは既に同意済みで、地元同意の手続きが完了した。午後に上京し、林幹雄経済産業相に伝える。地元同意が完了するのは、東京電力福島第一原発事故を踏まえた新規制基準の施行後では、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)、四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)に続き、3例目。

西川知事は高浜町や県議会の同意、県独自の委員会が「安全確保」とした報告書、政府や関電の方針などを説明。「総合的に勘案し、同意する判断に至り、夕方に林大臣にその旨を伝える。県民の理解と協力をお願いしたい」と述べた。

3、4号機は10月に原子力規制委員会の全審査を終え、使用前の検査に移っている。関電は3号機を来年1月下旬、4号機を2月下旬に再稼働する想定だが、4月にあった福井地裁による再稼働差し止めの仮処分が覆らない限り、動かせない。24日に出される、仮処分に対する異議審の決定が焦点となる。

再稼働にあたり、福井県は原発の国民理解や立地地域の経済対策など5条件を国に提示。林経産相が20日に県庁を訪れ、全都道府県でのシンポジウム開催や原発の交付金制度の充実など対応状況を説明し、再稼働への同意を要請していた。

福島第一原発事故後、高浜4号機は2011年7月に、高浜3号機は12年2月に定期検査のため運転を停止。15年2月に新規制基準に適合すると、3月に高浜町議会が再稼働に同意した。その後、野瀬豊高浜町長は12月3日、県議会は同17日に同意した。

同18日には、国の原子力防災会議が福井、京都、滋賀三府県にまたがる広域避難計画を了承。翌19日には、有識者でつくる福井県原子力安全専門委員会が「安全を確保した」と結論づけた報告書を西川知事に提出した。21日には、関電の八木誠社長が県庁を訪れ、安全確保の決意や運転後の監視態勢など5項目の方針や姿勢を西川知事に伝えていた。

(中日新聞)

広告
カテゴリー: ちたりた パーマリンク