12/21「社員うつにして解雇」指南 /「社員うつにして解雇」指南【中日メディカル】

「社員うつにして解雇」指南

(2015年12月21日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20151222134819391

社労士の懲戒請求

愛知県内の社会保険労務士の男性が「モンスター社員解雇のノウハウをご紹介」という内容のブログで社労士の信用や品位を害したとして、日本労働弁護団に所属する弁護士らが、社労士法に基づき厚生労働相に対して懲戒請求した。

懲戒請求書によると、男性社労士はブログで、社員をうつ病にさせる具体的な方法を示し「モンスター社員に精神的打撃を与えることが楽しくなりますよ」「適切にして強烈な合法パワハラ与えましょう」などと記載したとしている。

請求者の一人、嶋崎量(ちから)弁護士は一般論として「社労士の関与で誤った労務管理、指導がなされているケースがある」と指摘し、厚労相に監督責任を果たすよう求めた。

過労死防止やいわゆる「ブラック企業」の被害者救済などに携わる弁護士や社労士が個人の立場で請求した。

男性社労士は取材に対し「厳粛に受け止める。関係者の皆さまに迷惑を掛け、不快感を与えたことをおわびしたい。常識外れの態度で会社や上司が苦慮する社員に、ショックを与えて真人間になってほしいというのが真意だった」と話した。

広告
カテゴリー: 中日東京新聞・特報 タグ: , パーマリンク