1/8<北朝鮮 核の挑発>(1) 結束狙う足元、火の車【中日新聞】

朝鮮民主主義人民共和国が一昨日水爆実験を行った件、正月の東京新聞を読みなおしても核のことは載っていなかった。
「核」という切り札をみせつけるために格好つけているだけなのだろうが、原子爆弾なんて大学院レベルの学生でも作れてしまうのだし(昨日のブログ読んでね)小出さんが何とおっしゃろうと案外「核」は出来ているのかもしれない。
じゃあ、日本はどうなんだろう?
wikiによると
「これまでに、常陽のブランケットには、239Pu 同位体純度99.36 %のプルトニウムが22 kg、もんじゅのブランケットには、97.5 %のプルトニウムが62 kg含まれている。これを再処理工場で取り出すだけで原子爆弾30発以上を製造できる量になるとの主張もある[11] 。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0

核兵器を持ってるのと同じじゃないの!
作ろうと思えば、2週間で原子爆弾はできるらしい。なぜなら、IAEAかICRPかどこかが日本にあるプルトニウムの量を管理していて、その調査期間が2週間おきだからだそうだ(informant sourceは木原先生)。

核の問題をどうこう言う前に、なんで「核」を持ちたがるのか?朝鮮民主主義人民共和国って国、わけわかんない。
70年前にタチソの巨大防空壕を掘るため高槻に強制連行された人たちは、敗戦で祖国に帰られただろうが、いまだに帰ることが出来ずに高槻に住むしかない人たちが大勢おられるのが現実だ。

================

<北朝鮮 核の挑発>(1) 結束狙う足元、火の車

2016年1月8日 朝刊【中日新聞・一面】
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2016010802000069.html

写真
「そんな(巨額の)カネがあるのなら…」。北朝鮮が「水爆実験に成功」と発表した六日の夜、中国東北地方で会った平壌に住む零細経営の貿易商は、言葉を詰まらせた。

金正恩(キムジョンウン)体制の四年間、平壌中心部には高層マンションが立ち並び、高級レストランがお目見え。貿易商によると、「稼げる者は稼ぐことが許されるようになった」とされ、資金に余裕がある人々が「トンジュ」(成り金の意)と呼ばれる新興富裕層として台頭した。

トンジュは中国から建設資材を調達し、マンションなど建設工事に提供。その代わり、部屋を無償で手に入れて高級幹部に転売、資金力を膨らませている。トンジュの錬金術のほんの一例で、その彼らが国家に資金を献納し、金第一書記の権力基盤を支える。

「しかし、貧富の格差は激しくなった。国がくれる物は何もなく、自分で生きていくしかない」(貿易商)

北朝鮮メディアは六日以降、核実験の成果を繰り返し伝える。北朝鮮は五月に三十六年ぶりの労働党大会を控える。専門家は「目立った経済的成果がない中、核実験は国民の結束を図る狙いだ」と分析する。実験を強行した国の足元は、実は火の車だ。

北朝鮮は昨年九月、朝鮮労働党創建七十周年に当たり、住民に生活費一カ月分の特別金を支給すると発表した。だが、貿易商は「受け取っていない」。彼によると、特別金は国家が支給するのではなく、住民が所属する企業所など所属単位に指示を出すだけ。所属単位に資金力がなければ「空手形」に終わっている。

春をひさぐ女性が増えたという。農村の若い女性の場合、「トウモロコシ一キロ分が対価」とは、貿易商の説明だ。わいろも横行。外貨稼ぎで海外に派遣される労働者が健康診断で「異常なし」の報告書を書いてもらうには、医師に百ドル、企業所の支配人に二百ドル…。

やっとのことで海外に出られても、「各国の雇用主は給与の多くを(労働者ではなく)北朝鮮政府に送金する」と、北朝鮮人権問題担当のダルスマン国連特別報告者による報告書は指摘する。

貿易商は去り際、「今回の実験で中国の圧力が強まり、仕事に支障が出ないか心配」と顔を曇らせた。

「党大会が開かれる意義深い年の初めに、水爆実験が成功したことは、われわれ人民に、大きな自信と楽観(的な展望)を抱かせてくれる!」

北朝鮮の海外向け放送「朝鮮の声」は七日、国家建設監督省幹部のインタビューを報じた。しかし、貿易商の話を念頭に置いて聞く時、鼻白まずにはいられなくなる。

(北京・城内康伸)

北朝鮮は六日、初めての「水爆実験」を実施したと発表した。国際社会の反発を承知の上で、実験を行った北朝鮮の実情と、核問題に対する各国の今後の対応を探る。

広告
カテゴリー: もんじゅ, 戦争法案, 放射能汚染, 中日東京新聞・特報 タグ: , パーマリンク