2/7汚染木くず滋賀など6県に搬出 福島第1放射性セシウム【福井新聞】高島汚染チップ問題から3年

これから7999ベクレルまでなら一般ゴミで燃やされるかもしれないというから、ひどい世の中になりそうだ。
多分そんなのを近辺で燃やされたら私はすぐに死ねるかもしれないが、すぐに死なないで病気で動けなくなるだろう。
TPPは農業だけじゃなく国民皆保険もなくなるという訳だから、病気になっても医者にかかれないだろうし。

2012年暮からの「高島汚染チップ」問題。滋賀県で問題になったのは2013年のクリスマス頃だったのを覚えている。
隠しだてしていると当時の嘉田由紀子知事を非難してしまったが、政治的にあれ以上はできなかったと国の圧力があったことを10月にお聞きしたのを思い出す(小出さんと一緒にエクスカーションに参加した時)。
多分関西電力八木社長も心の中では原子力発電所なんかやりたくないのだろうが、仕事上そうはできないのだろう。
でも、まぁ2013年2月26日の上牧行動に右翼を差し向けたり、妨害はしたことは事実だけれど。
あの時耳鼻科に行って難聴になった証拠を取っておいて、健康被害を訴えるという手もあったかもしれない。

=================

汚染木くず滋賀など6県に搬出 福島第1放射性セシウム

2016年2月7日 11:40【福井新聞】
http://fukunawa.com/fukui/10069.html

東京電力福島第1原発事故で放出された放射性セシウムに汚染された木くずが滋賀県高島市などに不法投棄された事件で、木くずは滋賀のほかに茨城、栃木、千葉、山梨、鹿児島の各県にも搬出されていたことが6日、大津地検が部分開示した捜査資料で明らかになった。開示は5日付。開示資料によると、木くずは2012年12月〜13年9月、計約5千トンが計12ルートで6県に運ばれた。運搬には栃木、埼玉、千葉、山梨各県の業者が関わっていた。搬出先の市町村や業者の詳細については明らかにされなかった。

広告
カテゴリー: ガレキ, 放射能汚染 タグ: パーマリンク