2/10原子力安全問題ゼミでの花束贈呈

「えーっ 今年は花束なしなんですか?」
1/16うずみ火講座の後の懇親会でT氏から残念そうな声があがる。
「去年はプレゼンテーター(あざらしぐりこさん)が居られたから良かったんですが、目立つことはしたくないから」
と、私が言ったからだ。
「じゃあゼミじゃなくて懇親会で渡すとかどうですか」
と、食いさがられたが、
「私します」とお向かいのMさん。
お隣には毎回可愛いちびっこの花束贈呈者のお祖母が「当然」といった風なので、安心したものだ。

今中さんに「最終講義で真っ赤な薔薇の花束贈呈と赤ワインではどっちが良いですか?」とお聞きしたら後者になり
「退官講義には赤い薔薇の花束を贈るものです」とおっしゃる方(あざらしぐりこさん)が今年は欠席なので、あぁ助かったと思ったものである。
実際40本以上の薔薇って「こんなに重たいの!」と叫びたいくらいの代物で腰痛持ちの大敵だから。
それに今年は原子炉に近いカフェ「つろぎ」でお昼食を戴いてから行く予定だったので、時間的に西梅田の花屋さんに買いに行けないこともあった。

201602101643

2016/02/10 16:43

写真は長崎からいらっしゃった方の花束。とても鮮やかな黄色でアレンジされていた。

Mさんも続き(ごめん、写真撮ってないの)、今年はちびっこではなくお祖母ご本人が花束贈呈された。本当に可愛いちびっこで将来美人になりそうなおじょうちゃんなんだから。

広告
カテゴリー: 今中哲二 パーマリンク