2/23高浜4号機冷却水漏れ ナット締め付け不十分/日程申請 26日にも再稼働【日刊県民福井】

ナット締め付け不足だなんて!町工場以下じゃないか!と言ったら「町工場に失礼ですよ」とたしなめられたことがある。
高槻と若狭は近いので、昔高槻市内の小学生の臨海学校は若狭高浜だった。しばらくして小豆島に変わった。若狭に原発が出来たからだ。
日曜日に高槻deパレードのチラシを撒いているときに「水もれ事故おこしている高浜原発 それでも再稼働しようとしてます」と言ってチラシを撒いたら受け取られる方が多かったような気がする。

==============

高浜4号機冷却水漏れ ナット締め付け不十分

2016年2月23日【日刊県民福井】
http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2016022302000202.html

 日程申請 26日にも再稼働

写真

関西電力高浜原発4号機(高浜町)で放射性物質を含む一次冷却水が漏れた問題で、関電は二十二日、配管の弁に取り付けたナットの締め付けが不十分だったことが原因と発表した。 (塚田真裕)

関電は同日中にナットの締め付けなどの対策を取り、一日延期していた原子炉の温度や圧力を上げる試験を始めた。同日夜、原子力規制庁に対し、早ければ二十六日にも再稼働させる日程を申請した。

二十日に漏えいがあったのは、原子炉の熱を取り除く一次冷却水の一部を抽出し、浄化したり、核分裂を抑えるホウ素濃度を調整したりする系統。関電が二十二日、配管に圧力をかけて調べると、浄化装置近くの弁から漏れていたことが判明。レンチで締め直すと、四つのナットのうち一つが緩んでいた。

現地確認をした県原子力安全対策課によると、弁は二〇〇八年八月から〇九年一月の定期検査で分解点検をしていた。今回、再稼働に備えて配管に通水して、一時的に圧力が上昇したことで、緩んだ隙間から冷却水が漏れたという。

この場所は壁と壁の幅が一・五メートルしかなく、弁が水平方向に付いているため締めづらい位置だった。同様の箇所が高浜4号機と3号機で八十カ所ずつあるため、県は関電に全箇所の確認を求めた。同課の伊藤登参事は報道陣に「常々、安全第一で作業を進めるよう伝えている。確実に(再稼働への)ステップをこなしてもらうことが大切だ」と語った。

漏えいしたのは計三十四リットル。放射能量は国への報告基準の六十分の一で、同県や関電は環境への影響はないとしている。

広告
カテゴリー: 再稼働 パーマリンク