去年15/11/23「上牧本澄寺 本堂屋根棟完成記念コンサート」と三好達治の詩「いにしへの日は」

2/28高槻deパレードで本澄寺の三好住職様と立ち話をしていたら、奈良ゆみさんの話になった。 私が行き損ねた去年11/23のコンサートだ。
私が「伊方の裁判の時の弁護士をされていた故藤田一良さんが、奈良ゆみさんの追っかけをされていたんですよね」なんてアホなことを口走ってしまったが、住職様はご存知なかった。
今度その本をお送りしてみようと思う。なんせその本は『熊取六人組』の本を書かれた細身周さん推薦本だし。
一部だけど奈良ゆみさんのサイトで読むこともできる。
堂島と南森町のオリヴィエ・メシアン

あぁ、去年の11/23這ってでも行くべきだったと悔やむことしきり。セットリストだけ貼っておこう。あっクラシックだからプログラム。

三好達治の詩「いにしへの日は」をみつけた。

http://homepage2.nifty.com/182494/LiederhausUmegaoka/songs/M/Matsudaira/S4830.htm

松平 頼則   Yoritsune Matsudaira ( 1907 – 2001 ) 日本

「 いにしへの日は 」
      

詩: 三好達治


いにしへの日はなつかしや
すがの根のながき春日を
野にいでてげんげつませし
ははそはの母もその子も
そこばくの夢をゆめみし
ひとの世の暮るるにはやく
もろともにけふの日はかく
つつましく膝をならべて
あともなき夢のうつつを
うつうつとかたるにあかぬ
春の日をひと日旅ゆき
ゆくりなき汽車のまどべゆ
そこここにもゆるげんげ田
くれなゐの色をあはれと
眼にむかへことにはいへど
もろともにいざおりたちて
その花をつままくときは
とことはにすぎさりにけり

ははそはのははもそのこも
はるののにあそぶあそびを
ふたたびはせず


日本の前衛音楽の大御所だった松平頼則の2001年の作。ということは亡くなった年の作品です。彼の声楽作品のほとんどは彼女に触発されて書いたというソプラノの奈良ゆみさんが選んだ詩に曲をつけていますが、古典の詩にもっぱら付けていた感のあるそれまでと違い、三好達治の現代詩です。
とは言いつつも旧かなで書かれた詩ですので字面だけ見ていると結構古い感もあります。それまでの松平作品ではひとつの言葉を長い音に当てはめて和歌17文字でも5分以上もかかる長大な作品にしていましたのである意味何を語っているのかは全く分からなかったりもしたのですが、この曲は一つの音にひとつの語を当てていますので取りあえず詩の内容は耳でも分かります。80歳を超えた最晩年に全く別のスタイルの作品を初めて書くというのもある意味凄いことではあります。
無伴奏で朗唱のように歌われるため、吟詠のようにも聞こえますが、松平作品に共通の幽玄な雰囲気にあふれた神秘的な曲です。
三好の詩のような幼い頃の回顧というよりはもっと深遠なように聞こえてしまいますけれども。
2012年録音の「松平頼則作品集III」(ALM)で、奈良ゆみさん自身の歌声で収録されております。

( 2015.05.15 藤井宏行 )

============
http://www.yuminara.com/news_j.html

2015年11月23日(月・祝) 14:00

上牧本澄寺 本堂屋根棟完成記念コンサート

1部 14:00~
変幻の声-SOLO VOICE
奈良ゆみ(ソプラノ)

2部15:15~

手話通訳あり

海勢頭 豊 & 島田路沙
沖縄の心を歌う

曲目

松平頼則
Yoritsuné Matsudaïra
朧月夜 「源氏物語」より ( 1999 ) 詩: 紫式部
Oborozukiyo ( 1992 ) extrait du dit du Genji poème: Murasaki Shikibu

ルチアーノ・ベリオ
Luciano Berio
セクエンツァIII ( 1965 )  詩: マーカス・カッター
Sequenza III ( 1965 ) Poème: Markus Kutter

ジョン・ケージ
John Cage
エキスペリアンスII (1948)  詩: E.E.カミングス
Expeiences II Poème : E.E.Commings

松平頼則
Yoritsuné Matsudaïra
催馬楽—美濃山 ( 1999 ) 「三つの古い歌」より
Minoyama (1994) Extrait de Trois mélodies anciennes
逢ふことの (1994) 「三つのオルドルI」より
Ahukotono (1995) Extrait de Trois ordres I
おくとみる(紫の上)(1995) 「源氏物語」より
Okutomiru (Air de Murasaki) (1995) extrait du dit du Genji

グエン-チエン・ダオ
Nguyen-Thien Dao
ジオ・ドン (1973)
Giò Dông (1975)

松平頼則
Yoritsuné Matsudaïra
いにしへの日は ( 2001 )  詩: 三好達治
Inishienohiwa (Le bon vieux temps) (2001) Poème:Tatsuji Miyoshi

ジャチント・シェルシ
Giacinto Scelsi
No.3. 「ホ」より (1991)
III. extrait de Hô(1991)

沖縄民謡(与那国島)
Chant populaire d’Okinawa
どなんスンカニー (中村透編)
Donansunkani (arrangement par Toru Nakamura)

ジョーン・ケージ
John Cage
花 ( 1950 )
A Flower (1950)

フランス中世(13世紀)の歌
Anonyme XIIIᵉ siècle France
私が海にいた時… 「トリスタンとイゾルデ 」より
La u jou fui dedans la mer extrait de Tristan et Iseult

主催:映画GAMA・MABUI上映高槻・島本実行委
時枝 電話・FAX 072-692-0223 メール:hsnk@tcn.zaq.ne.jp
共催:日蓮宗上牧本澄寺・三好達治記念館

会場
上牧本澄寺(高槻市上牧町2-6-31 阪急京都線・上牧駅から南へ徒歩7分)
電話072-669-1897 FAX 072-669-1899

広告
カテゴリー: 上牧行動 パーマリンク