3/14大津地裁決定、嘉田氏が評価 小浜の集会で講演【中日新聞・福井】・反原発集会に小浜市公認キャラ登壇 市「誤解与えた」と陳謝【福井新聞】 「さよなら原発福井集会2016in小浜」の記事

なんで滋賀県の集会に「おおつひかる」君が出なかったんだろう?

===========

大津地裁決定、嘉田氏が評価 小浜の集会で講演

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20160314/CK2016031402000015.html
2016年3月14日【中日新聞・福井】

写真

原発の廃炉を求める「さよなら原発福井集会2016in小浜」が十三日、小浜市の市文化会館で開かれ、卒原発を提唱した嘉田由紀子・前滋賀県知事=写真=の講演に約六百人が聴き入った。

嘉田氏は、関西電力高浜原発3、4号機(高浜町)の運転を差し止めを命じた九日の大津地裁決定について、「(事故時に放射線に汚染される)『被害地元』の人間の意思をきちんとみてもらえた。提訴の当事者の幅が広がった」と評価した。

また、地裁が広域避難計画の実効性を疑問視したことも「避難計画は自治体がつくれと言うけども、無理なんです、自治体だけでは」と同意。知事時代に、事故発生時のヨウ素剤の配布やバス運転手確保が極めて困難なことを実感した経験を紹介した。

さらに「琵琶湖の水は、関西の一千四百五十万人に届けられている」と指摘し、事故で琵琶湖が汚染されるリスクが膨大であることを訴えた。

集会は、福島第一原発事故を受け、脱原発の機運を高めようと、市民らでつくる実行委が毎年県内各地で開催している。

(平井孝明)

 

 

反原発集会に小浜市公認キャラ登壇 市「誤解与えた」と陳謝

2016年3月14日 08:00【フクナワ】
http://fukunawa.com/fukui/11660.html

fukunawa160314sabatorananacyan胸に「原発銀座はゴメンだ」と張り、反原発集会に参加した小浜市公認キャラクター「さばトラななちゃん」=13日、同市文化会館

福井県小浜市の小浜市文化会館で13日開かれた反原発団体の集会に、同市の公認キャラクター「さばトラななちゃん」が参加した。着ぐるみの胸には「原発銀座はゴメンだ」とのメッセージが張られ、反原発を訴える合唱のステージで手拍子をしたり踊ったりした。小浜をPRするキャラクターが、特定団体の主義主張に賛同したかのようなパフォーマンスを行ったことに、市側は「認識が甘かった」として、利用貸し出し規定を精査し見直す方針。

「さばトラななちゃん」は小浜商工会議所が所有し、イベントなどを行う団体に着ぐるみを貸し出している。同会議所の担当者によると、集会を主催する実行委員会の関係者から2月に「『さよなら原発』の集会で使用したい」との申し出があった。

その後配布されたチラシには「3・11メモリアルアクション 原発のない新しい福井へ」と書かれ、裏面には県内の反原発団体名が列挙されていた。同会議所は市に相談した上で、貸し出しを許可した。

同会議所の着ぐるみの利用規定には「野外での使用は不可」とあるが、集会やイベントの中身の制約は明記されていないという。申請を受け付けた担当者は福井新聞の取材に対し「キャラクターショーで使うとは聞いていたが、中身までは知らなかった。良心に任せるしかなかった」と説明した。

同市の橋本長一朗産業部長は取材に対し「認識が甘かったと言わざるを得ない。市民に(市が反原発と思われるような)誤解を与えたことは申し訳ない」と陳謝した。市、同会議所ともに「利用規定を見直し、より慎重に審査していきたい」としている。

この日の集会は、原発反対県民会議など県内の反原発9団体と個人でつくる実行委員会が開き、メンバーら約500人が参加した。高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定について説明があったほか、「卒原発」をテーマに嘉田由紀子・前滋賀県知事が講演した。集会は約4時間開かれ、「さばトラななちゃん」は約15分間登壇した。

広告
カテゴリー: 講演会, 再稼働 パーマリンク