3/16平和堂が電力小売り事業開始 4月1日から【中日新聞・滋賀】

洸陽電機はJALや京セラと提携しているらしいから企業向けかと思ってたけど、平和堂なら話は別。
http://jiyu-denki.com/koyoelec

大阪ガスのセット割だと2300円くらい高くつくからどうしようかなぁ・・・と思っていたところ。
今夜上牧行動主催者夫人からレクチャーして頂くので、それから決めようと思う。いやもう、関電でさえなければどこでもいい(笑)

============

平和堂が電力小売り事業開始 4月1日から

http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20160316/CK2016031602000009.html
【中日新聞・滋賀】2016年3月16日

写真

平和堂(彦根市)は、新電力会社の洸陽(こうよう)電機(神戸市)と提携し、四月一日から一般家庭向けの電力小売り事業を始める。関西に本社を置く大手スーパーとしては初の試みといい、初年度は県内で三万五千世帯との契約を目標にしている。

琵琶湖のある滋賀で八十店以上を展開する平和堂は、植樹や買い物袋持参運動などを通して環境保全を推進してきた。洸陽電機は、再生可能エネルギーの発電所を拡大する動きがある。今回、電力小売りが自由化される機会に、両者の思いが合致したという。

契約条件の一つは、平和堂HOPカードの会員であることで、通常の買い物と同じく百円ごとに一ポイントが付与される。料金は、例えば月に二百キロワット時の電気を使用した場合で比較すると、関西電力より6・8%安くなる。

申し込みは今月二十四日から平和堂ホームページで。四月一日からは大型店を中心に店頭でも受け付ける。四月下旬からは中部電力管内でも始める予定。

彦根市の平和堂本社で十五日、報道各社向けに開いた説明会で、夏原陽平・平和堂取締役営業統括副本部長=写真(左)=は「環境に配慮したエネルギーを、少しでも増やしていきたい」と述べた。山本吉大・洸陽電機会長も同席した。

(河辺嘉奈子)

広告
カテゴリー: 電力小売り パーマリンク