(クマさんから貰ったチラシ)反原発再稼働「伊方の家」主宰八木健彦さん、「家」で襲撃さる- 「伊方の家」へのカンパのお願い

クマさんの連絡先はしらないけれど、書かずにはおられない。
犯人は捕まっても怪我は癒えておられない。
卑劣な奴がいるので腹が立つ。

==================

反原発再稼働「伊方の家」主宰八木健彦さん、「家」で襲撃さる

「伊方の家」へのカンパのお願い

3月2日午前9時、八木さんの入院している、徳洲会病院(愛媛県宇和島
住吉町)にお見舞いに行ってまいりました。「あまりさわぎたてられたくな
い。自分からは、何も言っていない」とおっしゃっています。心身の打撃に、
耐え闘病するのが精いっぱいの様子(2月20日より全治45日)でしたが、
今回のことを少しずつ話していただけました。活動家としての重鎮、近藤さ
ん(ストップ原発八西連絡協議会)を去年失いながらも、再稼働反対の住
民投票の署名活動などにうちこみ、西予、南予に、反原発運動の核を形成さ
れているところでした。「r署名活動は、ひと月で、一万筆を記録した。八幡
浜市長は、自民党の山城氏で、沖縄の名護の安次富さんの署名活動から現在
の辺野古の反基地闘争が始まっていることにきづいたところ「これじゃ、沖
縄になっちゃうよ」と言う話を八木さんは聞いています。容疑者は、前回の
市長選挙に立候補した人と乗り込んできたときからの縁で、ブログで熱心に
署名活動など協力しているさまはうかがえます。 八木さんは「よくわからな
いひとが、きたな・・・」と多少、距離を置いていたところ、排除されてい
ると感じ、怒っていたらしいというのも、事件の深い動機とも考えられます。
背景には、一万人の署名の圧力(市議会選挙などがあり、商工会議所とのパ
イプ役を自任していた彼にも、原発推進派の圧力がかかっていたのか・・・
な?)があると思うとおっしゃっていました。退院の目途は立っていません。.
八木さんの闘病のための応援をカンパという形でしていただければ、幸甚で
す。

愛媛新聞朝刊2月25日

八幡浜署は、24日。強盗傷害と住居侵入の疑いで、八幡浜市保内町磯崎
自営業A (54) を逮捕した。容疑は20日午前3~6時頃、同市神宮前の
マンション2階の面識のある無職の男性(73) 方に無施錠の玄関から侵入、
男性の顔や腕などを複数回殴ったり、蹴ったりし、多発性肋骨骨折など
約1カ月半のけがをさせ、「海に沈めてもかまんのじゃ」などと脅して、
ノートパソコン(4万円相当)など、を奪った疑い。
署によると、A容疑者は、「暴力を振るってけがをさせてはいない」と
容疑を一部否認している。

広告
カテゴリー: 上牧行動 タグ: パーマリンク