5/10関西電力、決定取り消し求める 大津地裁の高浜原発異議審【共同通信】/関電、決定取り消し求める…住民側「差し止めは正当」 大津地裁・異議審第1回審尋【産経新聞】

高浜仮処分異議審については、大津地裁や記者会見場で風の旅人さんがツイキャス放送をされていた。
でもね、こういうのは結局どうなったかという「決定」はわからないものなのよ。
きっと共同通信くらいは配信するだろうと待っていたら、昼休みに東京新聞にあがっていた。産経とか日経あたりがどう書いているかもちょと待ってみた。
次回(6/10以降)に決定は持ち越しらしい。
上牧行動主催者、風の旅人氏おつかれさまでした。

================

関西電力、決定取り消し求める 大津地裁の高浜原発異議審

2016年5月10日 12時19分【東京新聞】
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016051001001321.html

tokyo160510_ohtsu高浜原発3、4号機の運転可否を巡る異議審の第1回審尋が終わり、記者会見する住民側=10日午前、大津市

高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた3月の大津地裁の仮処分決定を不服として、関西電力が申し立てた異議の第1回審尋が10日、大津地裁(山本善彦裁判長)で開かれた。関電側は「科学的、客観的ではない判断だ」として、決定の取り消しを求めていく方針。住民側は「3月の決定は正当だ」として判断を維持するよう求めている。

審尋は非公開で実施。山本裁判長は法廷での審理を同日で終結し、双方の主張に対する書面での反論を6月10日まで受け付けると表明した。その後に内容を判断して決定を出す見通し。

(共同)

 

【高浜3、4号機差し止め】関電、決定取り消し求める…住民側「差し止めは正当」 大津地裁・異議審第1回審尋

【産経新聞】2016.5.10 12:43更新
http://www.sankei.com/west/news/160510/wst1605100038-n1.html

関西電力高浜原発1号機(手前左)、2号機(同右)、3号機(奥左)、4号機(同右)=1月、福井県高浜町

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた3月の大津地裁の仮処分決定を不服として、関電が申し立てた異議審の第1回審尋が10日午前、同地裁(山本善彦裁判長)で行われた。関電側は「事実上(原発に)『ゼロリスク』を求めるものだ」として、決定の取り消しを求めた。

審尋は非公開で実施。関電側は、この日までに提出した準備書面について要点を説明。「安全対策は立証済みで、決定は専門的知見に基づかず承服できない」などと従来の主張を継続。原発の安全性について、3月の仮処分決定で裁判所から主張が不十分と指摘された点に反論した。住民側は「3月の決定は正当」などとして差し止め判断の維持を求めた。関係者によると、山本裁判長は次回審尋は開かない方針を示したという。

関電は提出した書面で、非常用発電装置の耐震性や地震動の評価など、3月に地裁から問題があると指摘されたことに関して反論している。ただ「これまでに主張立証は尽くしている」などとして、新たな証拠は提出せず、これまでの主張内容を細かく説明して理解を得たい意向。

また、地裁から立証を求められた原発の新規制基準の妥当性についても「関電が立証するのは合理性に欠く」とし、今後の審尋でも新たな説明や主張はしない見通しだ。

山本裁判長は3月9日、両機の運転停止を命じる仮処分決定を出した。関電は翌10日、稼働中の3号機を停止。関電側は不服として、決定の取り消しを求める異議と仮処分の効力を一時的に止める執行停止を申し立てた。いずれかが認められない限り、両機は再稼働できない。いずれの審理も山本裁判長が担当している。

広告
カテゴリー: 裁判 パーマリンク