5/9原発全廃!びわ湖一周デモ 150人、大津にゴール /滋賀【毎日新聞・地方版】

めずらしく毎日新聞がタダでアクセスできるのが嬉しい。新聞社側も広く知らしめたいのだろう。ありがたい。
昨年11月、田中徹実行委員長には関電本店前で「ステロイド剤の効能」についてのレクチャーを受けた。
とても感じの良いお医者様である。

=============

原発全廃!びわ湖一周デモ 150人、大津にゴール /滋賀

【毎日新聞・地方版】2016年5月9日
http://mainichi.jp/articles/20160509/ddl/k25/040/308000c

mainich160509biwako「全ての原発を止めろ」とシュプレヒコールを上げながら行進する参加者=大津市の中央大通りで、森野俊撮影

福井県若狭湾に集中する原発の全廃を訴える「原発全廃! びわ湖一周デモ2016」が8日、JR大津駅前でゴールした。実施した市民団体らは近くの県教育会館(大津市梅林1)で集会を開き、約150人の参加者は「原発はいらない」などとシュプレヒコールを上げた。

デモは4日にJR大津駅前をスタート。8日までの5日間で県内外から延べ約700人が参加。徒歩や車で琵琶湖を一周した。若狭湾の原発全廃の他、余震が続く熊本地震の状況を考え、鹿児島県の川内原発1、2号機の停止も訴えた。

最終日のこの日、参加者は午前10時にJR堅田駅を出発し、大津駅前までの約23キロをデモ行進。県教育会館での集会では、実行委員長の田中徹さん(78)が「予想以上に賛同者が集まってくれた。今後もこれからを生きる子供たちのために活動してほしい」とあいさつ。参加者は「足の裏の皮がむけたが、歩き通せて良かった」「また同じ企画があれば参加したい」などと感想を述べた。全日程に参加した京都市西京区の社会福祉士、田中与念子さん(56)は「高浜原発を止めた大津地裁の画期的な決定を守ろうと声を張り上げた。私たちの思いは届いたと思う」と話していた。【森野俊】

広告
カテゴリー: 中日東京新聞・特報 タグ: パーマリンク