5.22第30回被ばく学習会(講師:荒木​田 岳・福島大准教授)のお知らせ

関東に住んでいたら、きっと聴きにいくにちがいない。
荒木田先生のことは映像で存じ上げているので、知らない方とは思えないもの。

====================

放射線被ばくを学習する会の温品惇一です。
今度の日曜日、22日の午後、第30回被ばく学習会のお知らせです。

今回は福島大学行政政策学類・准教授の荒木田岳(たける)さんのお話を伺います。
演題は「妻子を県外に避難させ自分は県内に留まった父親の原発事故後の5年間」

日時:5月22日(日) 午後1時15分~5時10分

会場:東京都文京区・アカデミー茗台学習室B
(地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」駅から徒歩8分) 地図:http://goo.gl/ndwbb0

内容:福島大学に勤務している荒木田岳准教授は、ご自身も被災者で、2人の子どもは、新潟に避難させ、離れて暮らしています。

特に子どもたちにとって、被ばく線量の高い地域に住むことで、健康被害が出ない場合でも、被ばくによって多大な精神的なストレスを受けることがあります。

政府は福島への帰還を促進していますが、荒木田さんは「これからでも避難したいと思っている人は多く、被ばくを避ける権利は誰にでもある」と訴え続けてきました。

・被ばくに対する不安は、家族ごと、おかれた状況によって違う

・避難した人たちの悩みや課題も、千差万別

・避難してない人たちも、状況はさまざま、気持ちは複雑

・「帰還促進政策」は人びとに何をもたらしているか?

・「風評被害」という「風評」の、実体はいったい何?

荒木田さんに存分に語っていただきます。

荒木田岳(あらきだ たける)

1969年石川県生まれ。一橋大学社会学部助手を経て、2000年より福島大学行政政策学類准教授。
専門は、地方制度史、地方行政。2011年の福島第一原発事故後、除染作業などに携わり、原子力市民委員会の委員を務める。
主催:放射線被ばくを学習する会 http://www57.atwiki.jp/20030810/

参加費:800 円(学割あり)

申込先:anti-hibaku@ab.auone-net.jp

問合せ:090-3577-4844 温品(ぬくしな)惇一

問い合わせはステップキャンプ=メールinfo@stepcamp.jp=へ。 (小形佳奈)

広告
カテゴリー: 避難, 放射能汚染 タグ: パーマリンク