5/27オバマ米大統領が広島訪問 現職初、核廃絶訴え【東京新聞・政治】

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016052701001750.html

オバマ米大統領が広島訪問 現職初、核廃絶訴え

2016年5月27日 17時57分【東京新聞・政治】

オバマ米大統領が27日夕、現職米大統領として初めて被爆地・広島を訪問した。平和記念公園で原爆慰霊碑に献花し、核兵器を使用した唯一の国としての「道義的責任」に言及し「核兵器なき世界」への取り組みを表明。広島、長崎で亡くなった人々を含め、第2次大戦の全犠牲者を追悼し、戦争の惨禍を繰り返さないための誓いを新たにする。

オバマ氏は平和記念公園に到着後、安倍晋三首相と共に原爆資料館を見学した。献花後、被爆者も見守る中、数分程度の短い所感を発表。広島の次に原爆が投下された長崎にも触れ、市民の甚大な犠牲を心にとどめるよう世界の指導者に呼び掛ける。

(共同)

オバマ米大統領(ゲッティ=共同)

広告
カテゴリー: 中日東京新聞・特報 タグ: パーマリンク