【6/18関学大】シンポジウム「核被害による長期避難の実相~チェルノブイリ(原発事故)とマーシャル諸島(水爆実験)に学ぶ」開催のお知らせ

東京新聞の特報に載っていた尾松亮氏のシンポジウムが、来週があるということが分かった。

チラシ↓
http://www.fukkou.net/research/koukai/20160618.html

koukai_160618

 シンポジウム「核被害による長期避難の実相~チェルノブイリ(原発事故)とマーシャル諸島(水爆実験)に学ぶ」開催のお知らせ

オバマ大統領のヒロシマ訪問が実現した今も、半世紀前の米国の核実験で汚染され、除染と避難生活を強いられているマー シャル諸島の人たち。チェルノブイリ原発事故で被災した住民の「避難の権利」を保障する旧共産国のモデルケースは、な ぜ日本では顧みられないのか。東日本大震災から5年が過ぎてなお、福島第一原発事故で福島県から全国に4万人超が避難 を続けている中、核被害の実相について海外の被害地から汲み取るべき教訓とは何かを考える。

2016年618日(土) 13:00〜17:00

関西学院大学図書館ホール(兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155)
【主催】 関西学院大学 災害復興制度研究所
【共催】 科研「原発立地地域等における中長期的避難・受け入れ計画の構築に向けた研究」

<プログラム> 趣旨説明:野呂 雅之(関西学院大学 災害復興制度研究所主任研究員・教授)
第1部 チェルノブイリ30年後の「移住権」と「居住者の権利」
~二者択一を越えて
講師:尾松 亮(ロシア研究者・関西学院大学災害復興制度研究所研究員)
13:10~14:30
第2部 マーシャル諸島・核実験避難島での生活再建
講師:中原 聖乃(中京大学社会科学研究所特任研究員)
14:40~17:00

【申込方法】参加ご希望の方は、下記宛にお申込み下さい。(入場無料)
関西学院大学災害復興制度研究所
TEL 0798-54-6996   FAX 0798-54-6997
【申し込み・問い合わせ先】関西学院大学 災害復興制度研究所

TEL:0798-54-6996 Email:kgu_fukko2005@fukkou.net

●キャンパスMAP(会場:MAP内番号22が大学図書館になります)
http://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_001086.html

 

広告
カテゴリー: ちたりた パーマリンク