7/12 大津地裁「関電の異議 退ける」

16/7/12 風の旅人さんありがとうございます

大津地裁からの高浜仮処分異議審(風の旅人さんのツイキャス)
http://twitcasting.tv/deaeteyokattana/movie/287347317

「関電の異議 退ける」の文字が見えます。

 

ootsu0712_igishirizokeru

 

さきほどの入場行進 上牧行動主催者の幟も見えます。

ootsu0712

 山本裁判長 ありがとうございます!

===================

高浜原発3・4号機 再び運転認めず 大津地裁

7月12日 15時39分【NHK】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160712/k10010592441000.html

ootsu0712NHK
福井県にある高浜原子力発電所の3号機と4号機について、大津地方裁判所は、「福島の原発事故の原因に関する説明が不足しており、原子力規制委員会の新規制基準の許可を受けたこと自体で、安全性が確保されたとみることはできない」として、ことし3月に運転停止を命じた仮処分の決定に続いて、再び運転を認めない判断をしました。これにより高浜原発3・4号機は再稼働できない状態が続くことになります。
福井県にある高浜原発3号機と4号機について、大津地方裁判所はことし3月、稼働中の原発では初めて運転の停止を命じる仮処分の決定を出しました。
これに対し、関西電力は決定の取り消しを求めて異議を申し立て、大津地裁の同じ裁判長が、改めて関西電力と運転停止を求めた住民の双方から意見を聞く手続きを行いました。
12日の決定で、山本善彦裁判長は「福島の原発事故の原因に関する説明が不足しており、原子力規制委員会の新規制基準の許可を受けたこと自体で、安全性が確保されたとみることはできない」として、異議の申し立てを退け、3月の決定に続いて再び運転を認めない判断をしました。
これにより高浜原発3・4号機は再稼働できない状態が続くことになり、関西電力は長期化する可能性があるとして、来月から核燃料を取り出す作業を行うことにしています。
関西電力は、決定を不服として大阪高等裁判所に抗告する方針です。

関西電力 承服できるものではない

異議の申し立てが退けられたことについて、関西電力は「当社の主張をご理解いただけず誠に遺憾であると考えており、到底、承服できるものではありません」というコメントを発表しました。そのうえで、関西電力は「速やかに不服申し立ての手続きを行い、早期に仮処分命令を取り消していただくよう、高浜原発3・4号機の安全性の主張・立証に全力を尽くします」としています。

 

高浜原発、引き続き運転できず 大津地裁が関電の異議却下

【福井新聞ONLINE】 7月12日(火)15時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00010002-fukui-l18

ootsu0712hukui
関電の異議が却下されたことを受け、横断幕を掲げる滋賀県の住民ら=12日、大津地裁前
大津地裁(山本善彦裁判長)は12日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止め仮処分を取り消すよう関電が申し立てていた異議を却下した。仮処分の効力は続き、高浜2基は運転できない状態が続く。関電は大阪高裁に抗告する方針。

同地裁は3月9日、住民が求めた仮処分の申し立てを認め、運転差し止めを命じる決定を出した。関電は「科学的、技術的検討を行っていない」として、決定の取り消しを求める異議と仮処分の執行停止を申し立てていた。執行停止の申し立ては6月17日、同地裁が却下している。

関電は6月の却下決定後、2基に装荷された核燃料の取り出しを表明している。4号機は8月上旬、3号機は同月下旬に燃料の取り出し作業を開始する。

 

高浜運転差し止め、関電の異議退ける…大津地裁

2016年07月12日 15時57分【読売新聞】
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160712-OYT1T50089.html

関西電力高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた仮処分決定の保全異議審で、大津地裁(山本善彦裁判長)は12日、関電の異議を退ける決定をした。

差し止め決定を支持しており、両基は運転できない状態が続く。関電は決定を不服として、大阪高裁に保全抗告する方針。

滋賀県民29人が2015年1月、運転差し止めを求めて仮処分を申請。今回と同じ山本裁判長が今年3月の仮処分決定で、「安全性が確保されていることについて、関電は説明を尽くしていない」などとして差し止めを命じた。運転中の原発を停止させる初の司法判断だった。

6月には、関電が仮処分決定の効力を止めるよう求めた執行停止の申し立てを却下していた。

2016年07月12日 15時57分

 

高浜原発の運転差し止め維持 大津地裁、関電異議認めず

2016年7月12日15時58分【朝日新聞デジタル】
http://www.asahi.com/articles/ASJ7C4S44J7CPTJB01D.html
関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転を差し止めた大津地裁の仮処分決定について、同地裁(山本善彦裁判長)は12日、取り消しを求めた関電の保全異議を退けた。関電側は大阪高裁へ保全抗告する方針だが、差し止めの効力は維持され、2基を動かせない状態が続く。

異議審は、差し止め決定を出した山本裁判長ら3人の裁判官が担当。山本裁判長は関電側が申し立てた執行停止も6月却下した。

3月の差し止め決定は、関電が2基の安全性の証明を尽くしておらず、地震・津波対策や避難計画にも疑問が残るなどと指摘。滋賀県の住民29人が訴えた人格権侵害の恐れを認め、稼働中の原発を停止させる初の司法判断となった。

1月に再稼働した3号機は仮処分決定を受け、運転を停止。4号機は2月に再稼働したが、直後のトラブルで緊急停止したままだ。

関電側は仮処分決定を「実質的にゼロリスクを求めるに等しい」と批判し、異議を申し立てた。異議審では、運転停止の経済的損失が1日約3億円に上り、電気料金値下げの見送りで市民生活や経済活動に大きな影響が出ていると主張。「原審で安全性の立証は尽くした」との見解は変えず、審理の早期終結を主張した。

住民側は「安全対策は不十分で、避難計画も実効的でない」などと改めて主張していた。

【中日新聞・社会】

高浜原発の運転禁止仮処分、関電の異議退ける

 関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた3月の仮処分決定について、大津地裁は12日、関電が取り消しを求めて申し立てた異議を退ける決定をした。仮処分の効力が今後も維持され、2基は法的に運転できない状態がさらに続く。

 

【高浜原発異議審】高浜3、4号機の運転禁止仮処分、関電の取り消し申し立て退ける

2016.7.12 15:46更新 【産経WEST】
http://www.sankei.com/west/news/160712/wst1607120051-n1.html
関西電力高浜原発3号機(左)と4号機=福井県高浜町(村本聡撮影)

関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた3月の仮処分決定について、大津地裁は12日、関電が取り消しを求めて申し立てた異議を退ける決定をした。仮処分の効力が今後も維持され、2基は法的に運転できない状態がさらに続く。

異議審を担当したのは、仮処分のときと同じ大津地裁民事部の山本善彦裁判長。

 

関電高浜原発、再び運転認めず 大津地裁異議審決定

2016/7/12 15:37【日本経済新聞・社会】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC11H4A_S6A710C1000000/
関西電力高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)を巡り、大津地裁(山本善彦裁判長)は12日、運転差し止めを命じた3月の仮処分決定に対する関電の異議を退け、再び2基の運転を認めない決定をした。関電は大阪高裁に抗告するとみられる。今後の司法手続きで判断が覆らない限り、2基は運転できない状態が続く。

今回の決定を出した3人の裁判官のうち、山本裁判長を含む2人は3月の仮処分決定も担当。関電は決定の取り消しを求める異議とともに、効力を一時的に止める執行停止も申し立てていたが、山本裁判長が先月17日に却下している。

異議審で関電側は、高浜3、4号機は2011年3月の東京電力福島第1原発事故後に導入された国の新規制基準に基づく審査に合格しており、安全性は十分確保されていると主張した。

一方、運転差し止めを求めていた滋賀県の住民側は、2基について、マグニチュード(M)7超の揺れが立て続けに起きた4月の熊本地震のような事態を想定しておらず、安全性が不十分と反論していた。

3月9日の大津地裁決定は福島第1原発事故の原因究明が「道半ば」としたうえで、国が策定した新規制基準の安全性を疑問視。高浜3、4号機の過酷事故対策も「危惧すべき点や疑問が残るのに、関電は説明を尽くしていない」として運転を認めなかった。

関電は翌10日に稼働中だった3号機の運転を停止した。近く2基から核燃料を取り出す方針を示している。

高浜3、4号機を巡っては、福井地裁も昨年4月、いったん運転を認めない仮処分決定をしたが、同年12月に同地裁の別の裁判長が決定を取り消している。

 

 

高浜原発運転差し止め

関電の異議却下 停止状態が続行に

【毎日新聞】2016年7月12日 15時53分
http://mainichi.jp/articles/20160712/k00/00e/040/214000c

大津地裁 運転差し止め命じる決定で関電が申し立て

大津地裁(山本善彦裁判長)は12日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた3月の仮処分決定に対し、関電が取り消しを求めて申し立てた保全異議を却下した。2基は当面、停止状態が続くことになった。関電は仮処分取り消しを求めて大阪高裁に保全抗告をする方針。
仮処分は滋賀県の住民29人が申し立て、大津地裁が3月9日、運転差し止めを命じる決定をした。決定では地裁は新規制基準や避難計画の不備を指摘し、住民の人格権侵害の恐れを認めた。運転中の原発停止を命じる初の決定となり、関電は運転中だった3号機を停止した。

不服とした関電は決定の取り消しを求める保全異議に加え、異議の審理(異議審)中は一時的に仮処分の執行を停止するよう申し立てた。執行停止は6月17日に地裁が却下した。

異議審で関電は新たな証拠提出はせずに従来の主張を再構成しただけで、法廷審理は5月の第1回で終わった。関電は地裁に早期の結論を求めており、同じ山本裁判長による判断には期待せず、大阪高裁の抗告審に注力する姿勢だった。【大原一城】

 

==以下の記事は古いです===

高浜異議審、12日午後決定へ 原発運転差し止め仮処分

2016年7月11日 22時44分【中日新聞・社会】
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016071190224448.html

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定を不服として、関電側が申し立てた異議について、大津地裁は12日午後3時半に決定を出す。異議が認められず却下された場合、関電は大阪高裁に抗告するとみられるが、運転停止の長期化は必至となる。

地裁は3月の仮処分決定で、東京電力福島第1原発事故後に策定された原子力規制委員会の新規制基準自体に疑問を呈した上、地震動の想定、事故時の避難計画の不備などを挙げて、3、4号機の運転差し止めを命じた。仮処分決定を出した山本善彦裁判長が異議審も担当している。

異議審で、関電側は仮処分決定を「科学的知見に基づかず、独自の観点で抽象的な危惧や不安を述べている」と批判。新たな証拠を提出せず、既存の証拠の組み直しで審理に臨み、早期の終結を求めた。このため、法廷での審理は5月の1回限りで終わった。

関電は、決定を受けて3月10日に運転中だった3号機を停止させた。運転停止の長期化を見据え、8月にも原子炉から核燃料を取り出す方針を明らかにしている。

関電は異議とともに仮処分の効力を一時的に停止する執行停止も地裁に申し立てたが、6月17日に却下された。異議審の決定に不服があれば、関電側も住民側も大阪高裁に抗告できるが、異議や抗告が認められて仮処分が覆らない限り、2基を法的に運転できない状況が続く。

(中日新聞)

高浜原発異議審決定は12日午後 大津地裁

【京都新聞】2016年07月11日 15時01分
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20160711000090

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた3月の大津地裁の仮処分決定に対し、関電が申し立てた異議について、大津地裁は11日、決定を12日午後3時半に出すことを決め、住民側弁護団に通知した。

関電は異議とともに仮処分の効力を一時的に止める執行停止も申し立てたが、大津地裁が6月17日に却下している。

今後いずれかの段階で運転を認める判断が示されない限り、2基を動かすことができないため、関電は異議が退けられた場合、大阪高裁へ抗告するとみられる。関電は6月の却下決定後、2基に装てんされた核燃料の取り出しを表明している。

高浜原発申し立て 地裁が判断

07月12日 07時03分 【NHK】
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20160712/3873331.html

福井県にある高浜原子力発電所3号機と4号機の運転停止を命じた仮処分の決定を取り消すよう求めた関西電力の申し立てに対する判断が、12日、大津地方裁判所で示されます。

福井県にある高浜原発3号機と4号機について、大津地方裁判所はことし3月、「福島の原発事故を踏まえた事故対策や緊急時の対応方法に危惧すべき点があるのに関西電力は十分に説明していない」として、稼働中の原発では初めて、運転の停止を命じる仮処分の決定を出しました。

これに対し、関西電力は決定の取り消しを求めて異議を申し立て、大津地裁の同じ裁判長が改めて関西電力と住民の双方から意見を聞く手続きを行いました。

意見を聞く手続きはことし5月の1回で終わり、大津地裁は12日午後、判断を示します。

高浜原発3号機と4号機の仮処分では、関西電力が決定の効力を停止するよう求めましたが、先月17日、同じ裁判長が関西電力の主張を退け、3、4号機は再稼働できない状態が続いています。

大津地裁きょう午後3時半に判断 高浜原発運転差し止め異議審

http://fukunawa.com/fukui/15608.html?f=c
2016年7月12日 10:40【フクナワ】

関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた3月の大津地裁の仮処分決定に対し、関電が申し立てた異議について、大津地裁は11日、決定を12日午後3時半に出すことを決め、住民側弁護団に通知した。

関電は異議とともに仮処分の効力を一時的に止める執行停止も申し立てたが、大津地裁が6月17日に却下している。

今後いずれかの段階で運転を認める判断が示されない限り、2基を動かすことができないため、関電は異議が退けられた場合、大阪高裁へ抗告するとみられる。関電は6月の却下決定後、2基に装荷された核燃料の取り出しを表明している。

異議審は3月と6月の決定を出した山本善彦裁判長が担当している。今月5日、決定を12日に出すとした上で、詳しい時間は11日に明らかにするとしていた。

異議審では関電が災害対策で適切な措置を講じているなどと従来の主張を展開。住民側は新たに4月の熊本地震にも触れ、安全性確保の困難さを強調していた。

広告
カテゴリー: 関西電力, 裁判, 再稼働, 上牧行動 タグ: , パーマリンク