【豊郷】9/25小出さん講演会 【彦根】9/24原発作業員の調査報告 【長浜】9/24小出さん守田さん講​演会

ツイキャスの風の旅人さんから真野正道さんの訃報が届いたのは7/7の七夕の日だったので、豊郷町の小出さんの集会はお弔いの意味を強く感じる。
先週届いたメールには前日に彦根でとても興味深い集会が書いてあっただけではなく、小出さんの講演会情報にも載っていない9/24の長浜集会のことも教えて下さった。

以下、彼のメール(順番をちょっと変えてます)。

============

25日の豊郷講演会 真野さんがご縁を取りもったのだそうです。小出さんに訃報をお知らせして「彼がいなければ実現しなかった」と言っておられました。

【豊郷】9/25小出さん講演会

9月25日(日)14:00~16:00 豊郷町の隣保館(℡0749-35-0611)で、小出裕章様の講演会をします。是非、お越しください。

講題は『考えてみませんか 福島原発の今 福井原発のこれから・・・』 資料代500円

豊郷隣保館の地図
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-a7JKbPFlvCM/

チラシ↓

小出裕章様講演

160825toyosato

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【彦根】9/24原発作業員の調査報告

「彦根・愛知・犬上原発のない社会をつくる会」よりニュースが届き、その中にとても興味深い講演会の案内がありましたので、その告知のみ貼りつけます。

9月24日(土)
受付13:30
14:00~16:30
ひこね燦ぱれす
岐阜大学教授・髙木和美さん「原発労働者の現実」
30年前から聴き取り調査
重要視されず埋もれていた研究報告が今
原発労働者の現実と思い
○ 講演と質疑
○ その他

テーマ 原発労働者の現実と思い
話者 髙木和美さん(岐阜大学教授)
髙木和美さんのプロフィール
研究分野 社会福祉学/社会政策学
1988年 日本福祉大学修士課程修了
1998年 金沢大学博士課程修了
1998年 同朋大学専任講師
2002年 岐阜大学助教授
2008年 岐阜大学教授
※ 髙木さんは「新修彦根市史現代史」の編纂にも関わっています。

(参考)
髙木和美さんは30年前、原発労働者の聴き取り調査を始めました。
「3・11」までおよそ注目されなかったその調査研究が、今、労災裁判の力になっています。
ここでは、今年1月8日に行われた元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判の報告集会で、髙木さんが受けたインタビューの様子を載せます。
問い なぜ、原発労働者の聴き取りを始めたのか?
髙木 7年半、社会福祉現場で働いた後、大学院に入る際、最も不安定な労働条件で命と健康を削り働いている人に焦点を当てよう、それは原発労働者だと思った。
問い 1887年の原発労働者をテーマにした修士論文への、世間の反応はどうだったか?
髙木 当時公表した論文はあったが、研究者たちの中ではほぼ無視された。大学院で民主的な研究者に指導をお願いしたら「国策である原発を批判的に取り上げるのだったら指導できない」と断られた。
阪大の医療経済学の先生と同志社大の生活問題研究をされていた先生、そして日本福祉大学の若い先生お一人が励まして下さった。
また、日本科学者会議福井支部や大阪保険医協会から、本や機関誌に私の調査結果を載せたいという話があり、『賃金と社会保障』という研究雑誌からも声がかかった。
問い 無視された論文が2011年3月以降、脚光を浴びるが。
髙木 2011年3月に予定されていた基礎経済科学研究所の大会が、原発事故で7月に延期された。
その時、突然私の所に、シンポ ジストになれとの連絡があり、話をする機会を得た。
2012年5月には日本社会政策学会で、2013年には日中交流の学術集会で報告する機会を得た。
生活問題の研究は続けていたが、原発労働者の聴き取りは中断していた。
しかし、事故をきっかけに、2012年1月から、また人を探しながら、聴き取り調査を始めた。
原発労働者の抱えているいのちと暮らしの問題を実態から明らかにすることは、社会科学者の役割だと思った。
問い その調査で原発労働者の方は、自分たちの労働環境を喋ってくれましたか?
(次号へ)
彦根・愛知・犬上原発のない社会をつくる会 ニュース128号より
連絡先 杉原( 電話・FAX 0749-28-2745 メール s19500213@nike.eon et.ne.jp )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【長浜】9/24小出さん守田さん講演会

https://www.facebook.com/events/311241642549079/

原発のうそ・ほんと】
小出裕章氏・守田敏也氏講演会
日時 : 9月24日(土) 13:00~16:00
場所 : 臨湖(長浜市港町4番9号)
料金 : ドネーションシステム
※託児はありませんが親子連れ歓迎です。
※駐車場あり
※長浜駅西口より徒歩10分

~お申込方法~
①イベントページの参加ボタンをタップ
(お連れ様がおられる場合は人数をイベントページに投稿又は村山さおりにメッセージをお願いします)

②代表者様のお名前と参加人数をdaidai.risa@gmail.com
までメール

③090-4038-8899(村山)

~講演者のご紹介~
小出裕章氏
日本の工学者。元京都大学原子炉実験所助教。京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻助教。評論家。所属学会は日本保健物理学会、エントロピー学会。研究分野は環境動態解析、原子力安全、放射性物質の環境動態。東京都台東区上野出身。

トップページ

守田敏也氏
センター客員フェローなどを経て、現在フリーライターとして取材活動を続けながら、社会的共通資本に関する研究を進めている。
311以降は原発事故問題をおいかけている。
2012年3月に物理学者の矢ヶ﨑克馬氏とともに岩波ブックレットから『内部被曝』を上梓。
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011

広告
カテゴリー: 小出裕章 パーマリンク