10/21,22ウラン施設も一時停電【東京新聞】地震 人形峠環境技術センターで一時、外部電源停止…岡山【毎日新聞】運転終了のウラン濃縮施設で一時停電…地震影響【讀賣新聞】

10/21の鳥取地震、梅田の高層ビルの友人に問合せてみたら「東日本大震災の再来かと思いました」とのこと。
1494ガルで長周期地震動がレベル3!
人形峠で「外電喪失』していたというのをさっき東京新聞で知った。
どおりで三月頃の山陽新聞の「人形峠の今」のアクセス数が高かったのでびっくりしたもんだ。

原子力規制委員会【平成28年10月21日16時30分】第5報
http://www.nsr.go.jp/data/000167455.pdf

4 原子力施設の被害状況に関する情報

(1)原子力開発機構 人形峠環境技術センターの状況

[使用施設]
14:07 非常用DG-2 号機起動、外電喪失し設備点検中
14:08 非常用DG-1 号機起動
14:41 給気停止 排気異常なし
15:00 商用系電源が復旧したことから給気復旧。15:06 に非常用DG-1 号機
及び非常用DG-2 号機を停止、
15:07 プラント異常なし
15:48 点検の結果
・六フッ化ウランの漏えいなし
・廃棄物貯蔵庫の異常なし

[加工施設]
14:08 非常用DG-3 号機準備中
14:41 給気・排気異常なし
15:07 プラント異常なし
(2)原子力発電所の状況
14:08 伊方3 号: 運転継続中、地震感知せず
14:46 島根1、2、3 号:定検停止中、異常なし

==============

ウラン施設も一時停電

【東京新聞】2016年10月22日

鳥取県中部で震度度6弱を観測した地震で、原子力規制委員会は二十一日、鳥取岡山両県境にある日本原子力研究開発機構の人形峠環境技術センター(岡山県鏡野町)で一時、外部電源が停止したと発表した。

すぐに非常用電源が起動し、外部電源も約一時間で復旧した。施設に異常はなく、放射性物質の漏えいもないという。

規制委は原子力災害に発展する恐れもあるとして「警戒事態」と判断。原子力施設での事態の緊急度を三つに区分したうちの一番下のレベルで、安全性が確認されたため午後四時すぎに解除した。規制委発足後、警戒事態と判断したのは初めて。

センターにはウラン濃縮施設などがあるが、現在は操業を停止しており、施設の廃止に向けて作業を進めている。劣化ウラン約二千六百トンなどを保管しているという。

 

地震 人形峠環境技術センターで一時、外部電源停止…岡山

【毎日新聞】2016年10月21日 16時14分(最終更新 10月21日 19時54分)
http://mainichi.jp/articles/20161021/k00/00e/040/322000c

人形峠環境技術センター(2013年5月撮影)=岡山県鏡野町で、本社ヘリから川平愛撮影

鳥取県中部の地震で震度6弱を観測した今回の地震で、震度5強を観測した原子力関連施設の日本原子力研究開発機構人形峠環境技術センター(岡山県鏡野町、操業停止中)では約1時間停電し、非常用発電機が起動した。

【写真特集】鳥取で震度6弱 被害あらわに .

<巨大地震>月の引力と関係か .

同センターでは、ウラン濃縮や加工技術の研究開発などが行われてきたが、現在は解体作業が進められている。同センターによると、地震直後の21日午後2時7分ごろ、外部電源が停止。非常用発電機3台のうち、ウラン濃縮関連施設などに給電する2台が起動したが、同日午後3時に外部電源が復旧した。復旧の40分後に施設の安全が確認され、放射線を監視するモニタリングポストにも異常は検知されなかった。

また、各電力会社によると、中国電力島根原発(松江市)では構内で震度2を観測したが、停止中で異常はなかった。3号機が稼働中の四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)は、構内で揺れを観測せず、通常運転を続けている。福井県内にある関西電力美浜、高浜、大飯の3原発と日本原子力発電敦賀原発、原子力機構の高速増殖原型炉もんじゅはいずれも停止中で異常はなかった。【鳥井真平】

 

運転終了のウラン濃縮施設で一時停電…地震影響

2016年10月21日 19時18分【讀賣新聞】
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161021-OYT1T50133.html

原子力規制委員会は21日、鳥取県中部を震源とする地震について、稼働中の四国電力伊方原子力発電所(愛媛県伊方町)や、停止中の中国電力島根原発(松江市)など原発での異常は確認されなかったと発表した。

日本原子力研究開発機構のウラン加工施設「人形峠環境技術センター」(岡山県鏡野町)では一時、非常用発電機が起動したが、1時間弱で復旧し、周辺環境への影響はなかった。

同機構によると、電源設備の異常を検出したものの、点検の結果、異常はなかったという。同センターは核燃料のウランを濃縮する研究施設で、2001年に運転を終了している。

2016年10月21日 19時18分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

広告
カテゴリー: 地震 パーマリンク