10/22暴言機動隊員に「ご苦労様」 松井大阪府知事の資質【東京新聞・特報】

橋の下で「参謀」しかなれなかったわけだ。
今回初めて大阪府知事の顔写真を見たわけだが全然印象的でない。誰にも顧みられることもないような偏平足みたいなツラしてんだから、早く辞めて欲しい。閉塞感は維新のせい。

===================

暴言機動隊員に「ご苦労様」 松井大阪府知事の資質

「まるで差別後押し」

  沖縄の抗議に「誤解している」

毒舌で人気→ヘイトの風潮浸透

 大阪の閉塞感 代弁?

 支持に陰りも・・・ 劇場型「維新政治」

2016年10月22日【東京新聞・こちら特報部】

沖縄県の米軍北部訓練場のヘリパッド移設工事現場に派遣された大阪府警の機動隊員から飛び出した「土人」発言には耳を疑ったが、この隊員をツイッターで「出張ご苦労様」とねぎらった松井一郎大阪府知事にも怒りや失望の声が沸き起こっている。大阪では最近、外国人絡みの差別問題が次々と明るみに出ているが、沖縄差別を擁護するかのような府トップの振る舞いは、あらゆる差別構造を固定化しかねない。日本維新の会の代表として国政にも一定の影響力を持つ松井氏の資質が厳しく問われる。 (白名正和、沢田千秋)

沖縄県東村高江周辺のへリパッド建設予定地に通じる「N1ゲート」前では二十一日も、工事反対派約五十人と機動隊員ら約百人のせめぎ合いが続いた。反対派は「土人」発言について「謝罪すべきだ」と詰め寄ったが、隊員らは終始無言だった。「へリパッドいらない」住民の会の田丸正幸さん(四七)は「隊員の発言は許せないが、松井氏も差別を後押ししているようにしか見えない」と償った。

「土人」発言翌日の十九日夜、松井氏は自らのツイッターで「表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様」と投稿した。

翌二十日にも府庁内で記者団に「(隊員の)個人を特定されて鬼畜生のように(メディアで)たたかれるのは、ちょっと違うのではないかと思う」と主張。加えて「反対行動はあまりにも過激なのではないか」と抗議側にも非があるかのような物言いをした。

松井氏の一連の発言は、沖縄県民の怒りの火に油を注いだ。翁長雄志知事は二十日の記者会見で「(隊員が)よく頑張ったというようなことになると、沖縄県民からしたら、ちょっと筋が違う」と不快感を表明した。身内の日本維新の会でも、沖縄県総支部幹事長の当間盛夫県議が同日、「党代表がこういう発言をしたことに、激しく抗議する」との声明を発表する事態に発展した。

大阪でも反発が相次ぐ。二十一日朝、労働組合などでつくる市民グループ「国民大運動大阪実行委員会」のメンバーら約二百人が府庁前で、松井氏に発言の撤回や辞職を求めた。府庁には二十一日午後五時までに、計一千百四十二件の電話やメールが寄せられた。大半が「知事には辞職してほしい」など批判的内容だ。

松井氏は二十一日朝、記者団に「発言は不適切だが、全国の警察官は沖縄に派遣され、行きすぎた抗議活動で衝突にならないようにやっている。労をねぎらうのは当然だ」と従来の見解を繰り返した。沖縄県総支部の抗議にも「多分、誤解しているんだろう。沖縄の政治家の大事なことは、あの大混乱を収めること」と逆に注文を付けた。

差別問題に詳しい前田朗・東京造形大教授(刑事人権論)は「本来であれば、松井氏は自治体のトップとして『差別は許されない』というメッセージを強く打ち出すべきだったが、実際は機動隊員本人に代わって言い訳をしている。これでは『ここまでなら言っていい』『勤務中なら言っていい』という風潮が広まりかねない」と指摘する。

桃原一彦・沖縄国際大准教授(社会学)は「機動隊員の差別発言はへイトスピーチに近い罵詈雑言。すでに封印された『土人』という言葉が、今回の問題を機に、差別意識とともに再生産されていくことも心配だ」と危倶する。

松井氏の問題発言は今に始まったことではない。

近畿地方が豪雨に銀われた二O一二年八月、休暇中の松井氏は妻の実家の福岡県から「世間は騒がしいようですが、ここは、本当に静かです。旨い酒と肴で充電中」とツイッターでつぶやき、ネット上でたたかれると、「娘から叱られた」と謝罪した。

今月上旬には、ツイッターに江田憲司・民進党代表代行への批判として「可哀想に、痴呆症の症状が見受げられます」と投稿。これまた「不適切だった」と謝罪、撤回した。

そもそも、松井氏とはどのような人物か。一九六四年一月生まれの五十二歳。松井氏のツイッターなどによると、大阪府八尾市の中学を卒業後、大阪工業大付属高に入学したが、「やんちゃ小僧で高2で退学」。福岡工業大付属高へ転校し、同大電気工学科を卒業。関西電力グループ関連企業勤務などを経て、O三年四月、元自民党府議の父親の地盤である八尾市から府議選に初当選した。ある前府議は「ゴルフはシングルの腕前。あの小さい体で三百ヤード飛ばす。ゴルフ中は真剣で、話し掛けてもろくに応えない」と苦笑する。

橋下徹氏が前面に出た「維新」だが、生みの親は松井氏と言っても過言ではない。橋下氏が府知事に就任したのは、松井氏が府議二期自のO八年。二人が接近するきっかけは翌O九年、超高層ビル「大阪ワールドトレードセンタービルディング」への府庁舎移転構想を巡る議会審議だ。

最大会派の自民党府議団は意見が割れ、府議会で予算案は通過したが、移転案は否決された。「橋下さんが自民の賛成府議数人を呼んで『こんなの民主主義やない』と訴えた。そしたら松井さんたち六人が会派を出て『自民党・維新の会』をつくった」(前府議)

六人でスタートした維新は一O年四月、「大阪維新の会」と改め、橋下代表の下で急速に勢力を拡大。一一年十一月、橋下氏が大阪市長選、松井氏が知事選に出たダブル選挙で勝利し、橋下・松井両氏の二人三脚体制が確立した。

橋下氏は一五年十二月に大阪市長を引退したが、松井氏は同年十一月の府知選で再選を果たし、現在は国政政党「日本維新の会」と地域政党「大阪維新の会」の代表を務める。「脱橋下」で臨んだ七月の参院選でも、定数四の大阪選挙区で二議席を獲得し、強さを発揮した。橋下氏が表舞台から去った後、在阪メディアの維新関連報道は激減したものの、松井氏は知事として今も、カジノ構想やオスプレイの訓練受け入れ、二五年の万博誘致などを次々と打ち出している。

「松井氏の土人発言援護は、陰りの出た維新人気をつなぎ留める狙いでは」と皮肉るのは、中野晃一・上智大教授(政治学)だ。「これまで維新が何か結果を出してきたわけじゃない。ショーのように次々と花火を打ち上げ、それが結果どうなったか分からないまま次を上げる劇場型政治を繰り返してきただけだ」

大阪では、外国人観光客がすし店で大量のワサビを入れられたり、公共交通機関で差別的放送をされるなどへイト行為が相次ぐ。

「誰が『橋下徹』をつくったか-大阪都構想とメディアの迷走」の著書があるジャーナリストの松本創氏は、松井氏の政治手腕について「維新の看板が橋下氏なら、松井氏は党内や他党との折衝をまとめる参謀」と評する一方、大阪特有の事情を挙げる。「在阪メディアがタレントや政治家など毒舌キャラを礼賛した結果、松井氏も府民にとって親しみゃすいキャラとなった。公で相手を口汚く攻撃し排除してもいいという風潮を維新が浸透させた」

大阪で根強い人気を誇る維新と松井氏。松本氏は「大阪の未来は明るいとは言えない」と断じる。

「大阪は東京に比べ、経済、文化、政治的に地盤沈下しており、府民に不遇感、閉塞感が漂っている。松井氏が知事でいる限り、弱者に対する暴言の風潮は拡大するだろう」

(((デスクメモ)))
鶴保庸介沖縄担当相は二十一日の記者会見で、「土人」発言について「県民感情を傷つけた事実があるならば・・・」と歯切れが悪かった。辺野古訴訟「早く片付けてほしい」発言、沖縄振興策と選挙のリンク発言などで県民感情を逆なでしてきた鶴保氏。差別に無理解なのもむベなるかな。(圭)
2016・10・22

「土人」と暴言を吐いた大阪府警の機動隊員をねぎらった松井一郎府知事のツイッター

 

松井一郎 @gogoichiro 10月19日

松井一郎さんが朝日新聞(asahi shimbun)をリツイートしました

ネットでの映像を見ましたが、表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様。

 

暴言問題で隊員をねぎらった松井大阪府知事に抗議する人たち=21日、大阪市中央区の大阪府庁前で(大阪労連提供)

おおさか維新の会の結党大会で笑顔を見せる橋下徹代表(右)と松井大阪府知事=2015年10月、大阪市浪速区で

広告
カテゴリー: 沖縄, 中日東京新聞・特報 パーマリンク