11/16水に流れない 北斎の「青」ヒント スポンジでセシウム除去/吸着素材+ナノテク繊維  東大などのグループが開発/避難指示区域の6割の池で検出【東京新聞・社会】

この色やね。葛飾北斎の富嶽三十六景

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%B6%BD%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%85%AD%E6%99%AF

================

水に流れない 北斎の「青」ヒント スポンジでセシウム除去

 吸着素材+ナノテク繊維  東大などのグループが開発

2016年11月16日【東京新聞・社会】

セシウム吸着の仕組み

tk161116_blue1

セシウムを吸着するスポンジ。青色が溶け出さない。奥は乾燥した状態

tk161116_blue2

放射性のセシウムを「スポンジ」で回収する新技術を、東京大などのグループが開発し、十五日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。青色の顔料プルシアンブルーを繊維と結合させたナノテクノロジーの成果。発想の出発点は葛飾北斎の版画だった。

プルシアンブルーはセシウムを吸着する素材として知られているが、水の中では微粒子になって拡散する性質があり、福島第一原発事故後の除染には、ほとんど用いられていなかった。特任教授らは、プルシアンブルーを使った北斎の青が、水にぬれても流れ落ちないことから、何らかの方法があるはずだと探索した。その結果、同大の磯貝明教授が開発した極細の繊維を使い、結合させてパウダーを作ると、水に溶け出さないことを確認した。

実験では、水溶液中のセシウムが一~二日で、99%以上吸着され、検出限界以下になった。このパウダーをポリウレタンに練り込み、スポンジを作る。ため池での実験でも効果があることが分かった。

坂田教授は「自由な形に加工でき、軽くて扱いやすい。原材料のコストも安い。海水中でもセシウムだけを吸着できる」と話す。

セシウムを吸着したスポンジは、圧縮して埋め立て処分する。プルシアンブルーlこはシアンの溶出という問題もあるが、実験では環境基準を満たしていた。近く福島県内のため池に一立方メートルくらいのスポンジを入れる実証事業が行われる見通し。福島第一原発のサイト内でも、排水溝などにスポンジを置く検討が進んでいる。

米マサチューセッツ工科大のM・ドレッセルハウス博士らも研究チームに参加し、セシウムを吸着する構造の分析に協力した。米国でも原発廃炉などで用途があるという。  (吉田薫)

 

実用コストへ期待

除染技術に詳しい明石満大阪大特任教授の話

セシウムを吸着したスポンジを処分する方法を確保できれば、現場で活用できるだろう。実用的なコストまで技術を詰められるか、注目される。

 

避難指示区域の6割の池で検出

福島県内では、帰還困難区域を除く多くの地域で、民家の周辺や農地の除染が一通り済んだ。国の長期目標である毎時0・二三マイクロシーベルト(ミリシーベルトの千分の一)を下回る地点も多い。作物への移行を防ぐため、土中にセシウムを吸着する鉱物やカリウムをまく対策も実施されている。

ただし、面積の多く書める山林は手付かずで、水により、セシウムが川や水路に流れでる懸念もある。

農水、環境両省や福島県の調査によると、河川の水からはセシウムは検出されなくなったが、農業用のため池は別。相当高い濃度のセシウムが堆積している。避難指示区域にある六割の池では、水からも浮遊物に付着する形でセシウムが検出される。無理に池の除染をすると、汚染を巻き上げてしまうため、底を粘土などで覆って閉じ込めることも検討されているが、方針は定まっていない。  (山川剛史)

広告
カテゴリー: ちたりた, 放射能汚染, 中日東京新聞・特報 パーマリンク