11/17美浜3号機運転延長認可 知事「大きな疑問」【中日新聞・朝刊】再稼働向け進む工事 安全対策1650億円以上【日刊県民福井】

耐震工事して使用済み核燃料プール300本分入れなくなったらしい。Web上にはないが、紙面記事より。

===========

美浜3号機運転延長認可

 知事「大きな疑問」

【中日新聞・朝刊】 2016年11月17日

原子力規制委員会が十六日、運転開始から四十年を迎える関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)の二十年の運転延長を認可したことを受け、三日月大造知事は県庁で報道各社の取材に応じ「大きな疑問を持つ。古い原発を使い続けることには国民の間で根強い不安がある」と批判した。

三日月知事は、原子炉規制法が原発の運転を原則四十年に制限している点を強調し「これを超えて動かすのか。不安の解消には、万全な安全対策と丁寧な説明が求められている」と主張。「古い原発に頼るのか、新しいエネルギー社会を作っていくべきなのか、答えは明確だ」とも述べた。

近畿地方の反原発団体でつくる「避難計画を案ずる関西連絡会」などもこの日、「美浜原発は琵琶湖に最も近い原発。重大事故が起きれば、命の水源を放射能汚染で失う」とする抗議声明を共同で発表した。(角雄記)

 

再稼働向け進む工事 安全対策1650億円以上

 美浜3号機延長認可

2016年11月17日【日刊県民福井】
http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2016111702000234.html

関西電力美浜原発3号機(美浜町)が「例外」とされる四十年超の運転を認められた。今後は千六百五十億円以上をかける大規模な安全対策工事を経て、二〇二〇年三月以降の再稼働を見込む。報道各社の要請に応じ、関電は十月下旬、構内を公開した。 (米田怜央)

敷地内にある深さ十メートルほどの巨大な穴に、鉄骨が組まれている。事故時の対応拠点となる緊急時対策所(平屋建て)の建設予定地だ。対策所は当初、新築する免震棟のワンフロアに置く予定だったが、原子力規制委員会による新規制基準の審査を前に、耐震構造の別建屋として建築することに変えた。関電社員によると、免震構造は合格実績がなく「期限に確実に間に合うため」だという。

原子炉補助建屋内には、各機器につながる可燃性のケーブルが張り巡らされていた。「異常がない限り、建設時から基本的には取り換えていない」と関電社員。ほこりに覆われている部分もあった。工事では、このケーブルを難燃性に取り換えたり防火シートで包んだりする。その総延長は約千キロにもなる。

水に満たされた格子状の容器には、使用済み核燃料が収められている。約千百体の核燃料を保管できるが、現時点で半数が埋まっている。今後は国内初の免震型容器を導入するのに伴い、約三百体分ものスペースを作らなければならず、空き容量はさらに減る。だが、使用済み燃料の搬出先として建設中の青森県六ケ所村の再処理工場は完成時期が二十三回も繰り下げられている。先行きを見通せない状況での再稼働に疑問を抱いた。

広告
カテゴリー: 関西電力, 再稼働 タグ: パーマリンク