11/22原発 冷却停止ヒヤリ 福島第二使用済み核燃料プール/ 揺れで「水位以下」判断【東京新聞・夕刊】

原発 冷却停止ヒヤリ

 福島第二使用済み核燃料プール

  揺れで「水位以下」判断

2016年11月22日【東京新聞・夕刊】

tky161122yu_6men_yamakawa地震の影響で使用済み核燃料プールの冷却装置が一時停止した東京電力福島第二原子力発電所3号機(左から2番目)=22日午前11時52分、本社ヘリ「まなづる」から

二十二日早朝の地震で東京電力福島第二原発3号機の使用済み核燃料プールの冷却が一時間半にわたって停止した。東電の説明では、プールに併設されているタンクの水位計が、揺れに伴う水位変化を「水位低下」と判断。冷却ポンプが壊れるのを防ぐため、ポンプを自動的に停止させたもので、故障などのトラブルではないという。

現在、3号機のプールには二千五百四十四体の核燃料が貯蔵されている。二O一一年の東日本大震災発生時は稼働中だったが、緊急停止し、その後一五年三月に原子炉内にあった七百六十四体の核燃料は全てプールに移された。

プール横には「スキマーサージタンク」と呼ばれるプールの上澄み水が流れ込むタンクが併設。この中の水を浄化し、プールに戻す仕組みになっている。このタンクの水位計で、プールの水位を監視している。

午前六時十分、水位低下の警報が出て、冷却用の循環ポンプが自動停止。東電は漏れなど異常がないことを確認し、同七時四十七分にポンプを再起動させた。その間、プールの水温は二九・三度から二九・五度ヘ上がったが、東電は「いずれも機器が正常に作動した結果で、プールの水温変化もほぼ想定していた通りだった。ルール上の制限温度(六五度)までは約七日間の余裕があった」と説明している。(山川剛史)

広告
カテゴリー: 地震, 中日東京新聞・特報 タグ: パーマリンク