11/22東北に津波、仙台で1・4メートル 福島沖M7・4、震度5弱/大震災余震、なお要警戒【中日新聞・夕刊・一面】

東北に津波、仙台で1・4メートル 福島沖M7・4、震度5弱

2016年11月22日【中日新聞・夕刊・一面】
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2016112202000252.html
写真
cyu161122yu_kakuchi
写真
cyu161122yu_kakuchi2

二十二日午前五時五十九分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7・4の地震があり、福島、茨城、栃木の三県で震度5弱を観測した。仙台市に一四〇センチ、福島県の東京電力福島第一、第二原発にそれぞれ一〇〇センチ、岩手県の久慈港に八〇センチの津波が到達した。その後も震度1~3の地震が続いた。各地で十人以上が負傷した。
気象庁によると、東日本大震災の余震とみられ、一四〇センチの津波観測は大震災以降、最大。マグニチュードの規模はM7・3の阪神大震災や熊本地震を上回った。震源地は福島県いわき市の東北東約六〇キロ沖で、震源の深さは約二五キロ。気象庁は福島、宮城両県に津波警報、青森、岩手、茨城、千葉各県に津波注意報を出し、午後一時前に全て解除した。
青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉各県では、沿岸部の一部自治体の住民らに避難指示も出され、共同通信の集計で約一万人が避難した。東北、関東地方の小中高校など約三百校が臨時休校となった。
気象庁は、今後一週間程度、最大震度5弱の地震と津波に注意が必要としている。地震の規模が大きく震源が浅かったため、大きな津波になったとみている。
電力各社と日本原子力発電によると、福島第二原発3号機の使用済み核燃料プールの冷却設備が一時停止した。菅義偉官房長官は記者会見で「放射能漏れや、燃料の温度が上がるものでない」と述べた。
福島第一原発に新たな異常はない。青森県東通村の東通原発、宮城県の女川原発、茨城県東海村の東海第二原発にも異常は確認されていない。いずれも運転停止中。日本原子力研究開発機構(原子力機構)の施設も異常はなかった。
総務省消防庁によると、宮城、福島、千葉、東京都内で計十二人がけがをした。宮城県内の漁港では小型ボート計三隻が転覆。津波の影響とみられ、人が乗っていなかったかどうか海上保安部が確認を進めている。
福島県警によると、午前六時十五分ごろ、同県いわき市錦町の石油コンビナート地区で火災が発生、約二十五分後に鎮火した。けが人はないとみられる。
政府は二十二日午前、首相官邸内の危機管理センターに官邸対策室を設置した。防衛省は、地震被害の確認のため、自衛隊の戦闘機やヘリコプターを発進させた。警察庁も警備局長をトップに災害警備本部を設置した。
また、地震の影響で、一部の新幹線が運転を一時見合わせたほか、高速道路の一部区間が通行止めになるなど、交通が乱れた。国土交通省によると、宮城県の仙台空港では津波警報の発令を受け、日航と全日空の発着便に欠航が出た。利用客も一時、ターミナルビルの上層階に避難した。

東海道新幹線は、下り始発が東京駅を出発する予定だった午前六時の約一分前に、防災システムが地震を検知。東京-豊橋間で回送列車が自動的に緊急停止し、一時運転を見合わせた。JR東海によると、上下計八本が最大二十三分遅れ、五千六百人に影響した。
<津波警報> 地震による津波の高さが1メートル超3メートル以下と予想される場合に気象庁が発表する警報。地震発生から約3分を目標に発令される。同程度の津波では標高の低いところで浸水被害が発生することから、沿岸部や川沿いから高台など安全な場所に避難することが求められる。警報には他に、予想される津波の高さが3メートルを超える場合で、特別警報に相当する大津波警報がある。

 

大震災余震、なお要警戒

2016年11月22日 【中日新聞・夕刊・一面】
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2016112202000253.html

写真 cyu161122yu_tsunamihassei
東北地方を中心に各地に津波をもたらした二十二日早朝の地震は、五年八カ月前の東日本大震災の余震だった。気象庁は「大震災はマグニチュード(M)9と非常に規模が大きかったため、その影響も長く続く。余震はまだ活発な状態で、今後も年一回程度はM7クラスの余震が起きてもおかしくない」と、日ごろの備えをあらためて呼び掛けた。
東日本大震災の余震域は岩手県沖から房総沖にかけて、沿岸部から東の沖合二百キロ以上の日本海溝付近まで及ぶ広大なエリアだ。
この余震域では、二〇一一年にM7・0~7・6の余震が計六回発生。一二年十二月七日にも三陸沖でM7・3の余震が起き、津波警報が出て宮城県石巻市で九八センチの津波を観測した。一三年十月二十六日には福島県沖でM7・1、一四年七月十二日にも福島県沖でM7・0、一五年二月十七日には三陸沖でM6・9と、津波を伴うM7前後の余震が毎年起きている。
今回の地震のメカニズムは、北西と南東に引っ張られる力が働いたことによる正断層型。東日本大震災は陸側のプレート(岩板)と海側のプレートの境界が大きくずれ動いて起きたが、今回はプレート境界より上にある陸側のプレート内部で発生したとみられる。
陸側のプレート内部がおおむね東西方向に引っ張られる原因について、気象庁は「(大震災の発生時に)陸側のプレートが東へ大きく動いた影響が考えられる」と説明している。

(宇佐見昭彦)

広告
カテゴリー: 地震, 中日東京新聞・特報 パーマリンク