11/22福島第2、燃料プール冷却止まる 1メートルの津波確認/<ドキュメント>福島沖M7・4…津波、原発影響【中日新聞・社会】

最近は頭痛どころか全身がおかしいので、久々にお会いする社内の方々から「だいじょうぶか」と聞かれる。どんなんだ?私。
4月の第二火曜日はvoldemortのせいでscarが痛むような感じだったが、今回はそれほどではないからあれは地震予知ではなかったのかもしれない( 高槻のジュンク堂は原書を置いていないので、Harry Potter And The Cursed Childは翻訳本から読んでしまった)。

なんちゃらムーンで月と地球が近づいたせいなのか、ついこの前ニュージーランドで地震があった。
福岡で地震がこの前あったら先週末土曜日に中央構造体のこちら側の和歌山県沖で地震。高槻もグラグラ揺れた(M5.4)。
こちらで揺れると次はお約束通りに昨日の朝は茨城県沖(M5.3)で、「あしたはどっちだ?」とか思ったのがいけなかった。今朝は福島沖だったのをニュースじゃなくてカレイドスコープさんで知った。

==================================

福島第2、燃料プール冷却止まる 1メートルの津波確認

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016112201001158.html
2016年11月22日 12時27分【中日新聞・社会】

東京電力によると、22日午前6時10分ごろ、福島第2原発3号機(福島県富岡町、楢葉町)で、使用済み核燃料プールの冷却水を循環させる系統が自動停止した。安全を確認した上で午前7時47分に冷却を再開させた。プールには核燃料2544体が保管されているが、水は十分冷却されており、水漏れや放射性物質の漏えいはないとしている。

東電によると、福島第1原発(同県大熊町、双葉町)では午前6時38分に、第2原発では31分にそれぞれ1メートルの津波を確認。いずれも人や設備の被害は確認されていない。

(共同)

cyu161122東京電力福島第2原発。地震の影響で3号機(右から2基目)の使用済み核燃料プールの冷却設備が一時停止した=22日午前9時10分(共同通信社ヘリから)

=====================

 

<ドキュメント>福島沖M7・4…津波、原発影響

2016年11月22日 14時29分【中日新聞・社会】
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016112290083007.html

東京電力は22日午後、津波注意報の解除を受け、福島第1原発の原子炉建屋などがある敷地海側の巡回を始めた。設備に異常があったとの報告は入っていない。(22日14時02分)

気象庁は、各地に出していた津波注意報を22日午後1時前に全て解除した。(22日12時54分)

千葉県八街市によると、地震に驚いた79歳の女性が自宅で転倒し、顔面打撲のけがをした。同県内のけが人は計4人になった。(22日12時49分)

茨城県日立市の消防によると、同市の川尻港岸壁で車やバイクなど計9台が水をかぶる被害が出た。水位が上がったためとみられる。(22日12時21分)

第2管区海上保安本部によると、宮城県東松島市と同県七ケ浜町の漁港周辺で転覆した小型ボートは、計16隻となった。いずれも行方不明者やけが人の情報はない。(22日12時00分)

総務省消防庁などによると、東京都内でも地震に驚いて転倒するなどし、70代と80代の女性2人がけがをした。(22日11時45分)

千葉県柏市によると、地震で82歳の女性が自宅の階段から転落して負傷したほか、生後3カ月の男児が顔面を打ち軽傷を負った。千葉県内のけが人は計3人になった。(22日11時28分)

宮城県によると、臨時休校した県内の小中高校は150校を超えた。(22日11時17分)

第2管区海上保安本部によると、宮城県東松島市と同県七ケ浜町の漁港で、小型ボート3隻が転覆した。津波の影響とみられ、人が乗っていなかったか確認を進めている。(22日11時15分)

福島県によると、午前9時半現在、沿岸部の3市4町の計59カ所に、計3119人が避難している。(22日11時01分)

国土交通省によると、利用者を避難させて運用を停止していた仙台空港は午前9時50分ごろ、津波警報が津波注意報に切り替わったことを受けて再開した。(22日10時53分)

菅官房長官は記者会見で、東京電力福島第2原発3号機の使用済み核燃料プール冷却設備の一時停止に関し「安全最優先で政府としてしっかり対応していく」と述べた。(22日10時48分 )

今村雅弘復興相は22日の記者会見で、復興庁内に災害対策本部を設置し、今回の地震の被害状況を把握するため、長沢広明復興副大臣を福島県に派遣したことを明らかにした。(22日10時44分)

福島県によると、22日の臨時休校を決めた小中高校は公立、私立を合わせて99校となった。(22日10時26分)

石井啓一国土交通相は22日の記者会見で、同日早朝の地震に関し「現在までに道路などインフラ関連の被害報告は受けていない」と述べた。(22日10時25分)

気象庁は午前9時46分、各地に出していた津波警報を津波注意報に切り替えた。(22日09時57分)

JR東日本によると、山形新幹線は午前9時20分ごろ、全線で運転を再開した。(22日09時47分)

松野博一文部科学相は22日の記者会見で、茨城県にある日本原子力研究開発機構の東海、大洗の両事業所について「すべての施設の安全を確認した」と述べた。(22日09時45分 )

福島県いわき市によると、市内計34カ所に避難所を開設。同市久之浜町の「いわき海浜自然の家」には約300人が、市立久之浜中の体育館には約40人が避難している。(22日09時35分)

東京電力によると、福島第2原発の敷地北側で放射性物質を含んだほこりを計測するダストモニター1台が停止した。周辺環境への影響は確認されていないという。(22日09時24分)

気象庁の中村浩二地震情報企画官は「今後1週間程度は、最大震度5弱の地震に注意が必要。海の地震なので、津波を伴う可能性がある」と述べた。(22日09時23分 )

東京電力福島第2原発3号機で使用済み核燃料プールの冷却が一時停止したことを受け、増田尚宏・東電福島第1廃炉推進カンパニー最高責任者が東京の本社で記者会見し「ご心配をお掛けし申し訳ない」と陳謝した。(22日09時19分)

福島県によると、同県沿岸部を中心に小中高校計73校が22日の臨時休校を決めた。(22日09時12分)

宮城県警によると、午前8時50分ごろ、同県多賀城市の砂押川を津波がさかのぼっているのが確認された。(22日09時12分)

気象庁の中村浩二地震情報企画官は、東日本大震災の影響で「地震活動が活発な状況が続いている」との見解を示し、「日頃から備えをしてほしい」と呼び掛けた。(22日08時58分)

警察庁によると、22日午前8時現在、福島市で60代男性が、福島県矢吹町で70代女性が、それぞれ軽傷を負った。家屋倒壊などの被害は入っていない。(22日08時56分 )

国土交通省によると、宮城県の仙台空港では、利用客をターミナルビルの上層階に避難させる措置を取った。日航と全日空の便に欠航が出ている。(22日08時54分 )

22日早朝の地震により、東北地方沿岸部の一部公立学校が臨時休校になった。(22日08時52分)

福島県によると午前7時半現在、広野町の広野町公民館の外に60人、中に40人が避難している。(22日08時51分 )

気象庁は、東日本大震災の余震で津波警報を発表したのは2012年12月7日以来と明らかにした。高台などの安全な場所へ避難し、警報が解除されるまで離れないよう呼び掛けた。(22日08時44分)

東京電力によると、福島第2原発でも1メートルの津波を確認した。福島第1、第2の両原発で設備や人の被害は確認されていない。(22日08時43分)

東京電力によると、22日午前6時38分、福島第1原発で1メートルの津波を確認した。被害は確認されていない。(22日08時35分)

気象庁の中村浩二地震情報企画官は22日、記者会見し、東日本大震災の余震でマグニチュード(M)7・0以上を観測したのは2014年7月12日以来と明らかにした。(22日08時34分 )

東京電力によると、22日午前に予定していた新潟県の米山隆一知事と東電首脳との会談は、福島などの地震を受けて中止となった。(22日08時28分 )

警察庁によると、福島県内で数人が負傷したとの情報がある。いずれも軽傷とみられる。(22日08時21分)

気象庁によると、午前8時3分、仙台港で1メートル40センチの津波を観測した。(22日08時18分)

福島県などによると、同県相馬市と広野町、楢葉町は避難所を開設した。(22日08時16分)

気象庁は宮城県にも津波警報を出した。(22日08時14分)

地震により、22日午前8時までに青森、岩手、宮城、福島各県の沿岸部の一部自治体に避難指示が出た。(22日08時14分)

気象庁は22日の福島県沖の地震について、東日本大震災の余震と明らかにした。(22日08時12分)

福島県などで震度5弱を観測した地震で、気象庁は、地震の発生時刻を午前5時59分ごろに修正した。地震の規模はマグニチュード(M)7・4、震源の深さは約25キロと、それぞれ修正した。(22日08時09分)

福島県によると、東京電力福島第2原発3号機の使用済み核燃料プールの冷却設備が午前7時47分、運転を再開した。(22日08時05分)

茨城県北茨城市によると、市内の沿岸部などの約5700世帯に避難指示を出し、8カ所に避難所を開設した。(22日08時01分)

東京電力によると、福島第2原発3号機の使用済み核燃料プールの冷却設備は午前6時10分ごろ、自動停止した。当時のプール温度は28・7度で、急激な温度の上昇はないとしている。(22日07時51分)

菅官房長官は記者会見で、東京電力福島第2原発の使用済み燃料プールの冷却装置が停止したと明らかにした。同時に「確認中だが、放射能漏れや、燃料の温度が上がるものでない」と述べた。(22日07時50分)

防衛省は、地震被害の確認のため、自衛隊の戦闘機やヘリコプターを発進させた。(22日07時24分)

気象庁によると、22日午前7時6分、福島県相馬市で90センチ、同8分に茨城県大洗町で50センチの津波をそれぞれ観測した。(22日07時22分)

気象庁によると22日午前6時40分ごろ、茨城県神栖市沖で10センチの津波を観測した。(22日07時10分)

JR東日本によると、東北・上越・北陸の各新幹線は、22日午前6時26分に運転を再開した。山形新幹線は運転を見合わせている。(22日07時09分)

福島市消防本部などによると、福島市内の高齢者施設で69歳の男性入所者が地震で割れたガラスで足を切り、救急搬送された。軽傷とみられる。(22日07時07分

政府は22日午前、福島県などの地震を受けて首相官邸に設置した官邸連絡室を官邸対策室に改組した。(22日07時06分)

地元消防によると、福島県矢吹町で70代の女性が、棚から落ちた食器で後頭部を切るけがをした。(22日06時59分)

気象庁によると、22日午前6時49分、福島県いわき市小名浜で60センチの津波を観測した。(22日06時58分)

JR東海によると、東海道新幹線は安全の確認が取れたため、22日午前6時18分に運転を再開した。(22日06時49分)

気象庁は、22日午前6時6分に福島県いわき市の沖合で津波の第1波を観測したと発表した。早いところでは既に沿岸に到達したと推定される。(22日06時46分)

東京電力によると、福島県の福島第1原発に新たな異常はない。東北電力によると、宮城県の女川原発にも異常はない。(22日06時35分)

日本原子力発電によると、運転を停止している茨城県東海村の東海第2原発に異常は確認されていない。(22日06時35分)

JR東海によると、東海道新幹線の東京―豊橋間も運転を見合わせている。(22日06時29分)

JR東日本によると、東北・上越・北陸の各新幹線は、一部区間で運転を見合わせている。(22日06時25分)

政府は22日午前、福島県などで震度5弱の地震があったことを受け、首相官邸内の危機管理センターに官邸連絡室を設置した。(22日06時21分)

気象庁は、青森、岩手、宮城、茨城、千葉に津波注意報を出した。予想される津波の高さはいずれも1メートル。(22日06時18分)

気象庁によると、震度5弱の地震があったのは、福島県中通り、福島県浜通り、茨城県北部、栃木県北部。(22日06時13分)

気象庁によると、22日午前5時56分ごろ、福島県浜通りで震度5弱の地震があった。(22日06時06分)

========================

広告
カテゴリー: 地震, 中日東京新聞・特報 パーマリンク