11/24これが福島の現実 避難者、農家、声なき声…ベニヤに描く【東京新聞・社会】壺井明さんの絵

これが福島の現実 避難者、農家、声なき声…ベニヤに描く

2016年11月24日 朝刊【東京新聞・社会】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016112402000254.html

ベニヤ板に描いた作品を屋外展示する壺井明さん=18日、東京都渋谷区で
tky161124yu_e写真

東京電力福島第一原発事故で被害に遭った人たちの話をもとに、ベニヤ板に絵を描き続ける画家がいる。東京都在住の壺井明さん(40)。路上で作品を展示しては、道行く人と対話し、福島の現実を伝えている。(出田阿生)

東京都内の公園に、幅三メートルにもなる作品がいくつも並んだ。仮設住宅で暮らす避難者、原発作業員、農家…。それぞれベニヤ板三枚に油絵の具で描かれている。モノトーンの暗い画面に、血液のような赤が目を引く。その迫力に道行く人が思わず足を止めると、壺井さんが「これね、福島の絵なんですよ」と話し掛けた。

通り掛かった初老の夫婦は「熊本から来たんだけど、うちの家も地震で被害受けて。どこでも起きることだと思う」と話した。横浜市の専門学校生(19)は「最近、メディアは福島の話を取り上げない」と憤った。

作品は「無主物」と題した連作。これまで十一点を制作した。渋谷の繁華街、名古屋の公園…。各地でゲリラ的に絵を展示する。「絵に目を留めた人に、福島で僕の聞いてきた話を伝える。事故から五年で復興の話ばかり強調されるけど、被害は全く終わってない」

ふだんは介護施設で働いている。原発事故直後の二〇一一年八月、ゴルフ場から放射能汚染で訴えられた東京電力が、飛散した放射性物質について、所有者のいない「無主物」だと主張した。その無責任さに衝撃を受けた。福島に通い、制作を始めた。

作品には死者も描かれる。黒っぽい背中を見せて倒れているのは福島県川俣町の女性。夫と一時帰宅中、自宅の庭で焼身自殺した。

「この女性は避難を強いられるまで一度も故郷を離れたことがなかった。その話をしてくれた福島の住職は、僕の目の前で、こらえ切れず突っ伏して泣いた。人の死や苦しみは感情を伴っているのに、メディアでは数字や無機質な情報になってしまう」

壺井さんは言う。「除染は表土をはげばいいというが、農家の人は『農業は土づくり。一センチの土に百年かかる』っていう。そんな、マスコミが取り上げない言葉を拾って絵にして、福島の外で伝えていく。売れないし、人を心地よくするわけでもない。アートなのかもわからないけど」

「無主物」は十月初めから一カ月以上、原爆の図丸木美術館(埼玉県東松山市)でも展示された。岡村幸宣学芸員は「壺井さんの絵は、声を出せない人の声をすくいあげている。それは原爆の図の作者である丸木位里(いり)、俊(とし)夫妻に通じる」と話す。

作品は十二月十、十一の両日、東京都世田谷区太子堂四の八の三、B一〇二のアートスペース「KEN」で展示される。午後一~六時で、両日午後二時から壺井さんのトークがある。入場料千円。問い合わせは「KEN」=電03(3795)1776=へ(当日のみ)。

===============================================

12/10・11 アートスペース「KEN」

154-0004 世田谷区太子堂4-8-3 B102( 1階がペットショップのビル、地下1階)
《アクセス》 東急田園都市線「三軒茶屋駅」三茶パティオ口、東急世田谷線「三軒茶屋駅」より、徒歩約6分
東急世田谷線「西太子堂駅」より、徒歩約2分
tel: 03-3795-1776

終了したけれど↓
原爆の図丸木美術館
企画展 2016/10/1~11/12 壷井明 連作祭壇画 無主物 3.11を描く
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kikaku/2016/tsuboi.html

広告
カテゴリー: 中日東京新聞・特報 タグ: パーマリンク