12/8関西大が軍事研究応募を禁止 他大学と共同申請も【東京新聞・社会】関大、軍事研究させません 防衛省補助金への応募認めず【朝日新聞デジタル】

さすが!新谷英治先生のおられる関西大学だけのことはある。

========

関西大が軍事研究応募を禁止 他大学と共同申請も

2016年12月8日 夕刊【東京新聞・社会】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201612/CK2016120802000265.html

関西大(大阪府吹田市)が、軍事技術に応用可能な研究を助成する防衛省の公募制度「安全保障技術研究推進制度」について、学内の研究者が応募することを禁止する方針を決めたことが八日、分かった。共同研究者などとして他大学の申請に参加することも禁止。軍事防衛を所管する公的機関や軍事研究を目的とした企業からの研究費を受け入れない姿勢も明確化した。

二〇一五年度に始まった同制度を巡っては、大学などが軍事研究に関わることに批判もあり、新潟大が既に学内の科学者行動指針を一部改正し「軍事への寄与を目的とする研究は行わない」と明記。広島大も応募しない方針を決めており、この制度に距離を置く大学が広がった形だ。

関西大では教員が応募し、採択されなかったが、学内で是非が議論されていた。以前から「人類の平和・福祉に反する研究活動に従事しない」との研究倫理基準があり、原則に従ったという。七日の学内の会議で決まった。

芝井敬司・関西大学長は取材に「研究の自由は大原則だが、大学として一定の姿勢を示す必要がある」と話した。

日本学術会議も同制度に関し、検討会を立ち上げ、議論している。

<安全保障技術研究推進制度> 軍事への応用ができる基礎研究を行う機関に、最大で年約4000万円の研究費を3年間助成する内容。制度が始まった2015年度からこれまでに153件の応募があり、19件の研究が採用された。防衛省は17年度、1件の研究に5年間で数十億円を投入する新たな助成枠を設ける方針で、制度全体で16年度の6億円から18倍増となる110億円を要求している。

 

関大、軍事研究させません 防衛省補助金への応募認めず

【朝日新聞デジタル・沢木香織】2016年12月8日07時31分
http://digital.asahi.com/articles/ASJD75RP3JD7PTIL01G.html?rm=430

防衛省が大学などでの研究に補助金を出す「安全保障技術研究推進制度」について、関西大(大阪府吹田市)は7日、教員の応募申請を認めないとの方針を決めた。国内外の公的機関や民間企業からの軍事目的を前提とした研究費も受け入れないという。

関大によると、すでにある大学の研究倫理規準で「人間の尊厳、基本的人権や人類の平和・福祉に反する研究活動に従事しない」と定めており、ルールを明確化したという。方針は、①制度への応募申請に加え、他大学の申請に共同研究者として参加することも認めない②軍事防衛を所管する公的機関からの研究費は受け入れない③企業からの軍事防衛目的の研究費を受け入れない、とした。

防衛省は昨年度、民生用と軍事用のどちらにも利用できる研究について、大学や国の研究所に1件最大3千万円を3年間支給する制度を始めた。2015、16年度で計19件が採択された。制度をめぐっては、軍事研究を禁じてきた日本学術会議がその方針を転換するかどうかの議論を続けている。

ログイン前の続き関大の学内議論でも、申請を認めないことについて「研究の自由を阻害してしまうのでは」といった意見もあったという。だが、芝井敬司学長は7日の会見で、「科学者が想定しない形で平和に反することに研究が使われる可能性がある。自分の研究がどこに結びつくか研究者は知っておく必要がある」と話した。

関大の方針について、ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英さん(76)は「研究と軍事の距離がじわじわと近づいていることに危機感を持っている。一つの先例になり、他大学にも広がれば良い」と話した。

新潟大も昨年10月、学内の科学者の行動規範を一部改訂し「軍事への寄与を目的とする研究は行わない」と明記。広島大も制度への申請を認めないことを決めている。(沢木香織)

広告
カテゴリー: 戦争法案 パーマリンク