1/25敦賀労基署が任意調査 高浜原発クレーン倒壊事故【中日新聞・福井】

手抜きの関電。

============

敦賀労基署が任意調査 高浜原発クレーン倒壊事故

2017年1月25日【中日新聞・福井】
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20170125/CK2017012502000019.html

関西電力高浜原発(高浜町)で大型クレーンが倒れ2号機燃料取り扱い建屋などが倒壊した事故で、敦賀労働基準監督署が任意調査を始めたことが分かった。

関係者や関電によると、同労基署は事故翌日の二十一日、職員三人を派遣して事故現場を調査。二十二日から始まったクレーンの撤去については、切断除去したアームの保管を指示したという。

クレーンの点検や固定方法が適切になされていたか、労働安全衛生法に基づく「クレーン等安全規則」に照らして確認するとみられる。

敦賀労基署は「個別の事案の調査の有無・内容は公表できない」とした上で、「一般論として、法令違反があれば是正勧告などの行政指導を行うこともある」としている。

クレーンは二十日午後九時五十分ごろ強風により転倒。長さ約百十三メートルのアームが原子炉格納容器に隣接する燃料取り扱い建屋など二棟に直撃し、屋根の一部を損傷した。

敦賀労基署は六日にも、高浜1、2号機の運転延長の審査対応していた同社課長職社員が昨年四月に過労により自殺し、労災認定された件で、岩根茂樹社長に労働時間の適切な把握するよう指導をしていた。

広告
カテゴリー: 関西電力 パーマリンク