2/26播磨灘を守る会 春の学習会「巨大基地は抑止力になるか」- 瀬戸内海からの土砂搬出にふれて

http://userweb.117.ne.jp/eco-harima/study201702.pdf

播磨灘を守る会 春の学習会

巨大基地は抑止力になるか」
 - 瀬戸内海からの土砂搬出にふれて

harimanada226

今沖縄では大変なことが起こっています。
東村高江のオスプレイ発着訓練場の工事強行と辺野古巨大基地の埋立て開始です。
しかも、その埋立てには瀬戸内海と九州各地の土砂を大量(21,000万t)に削って持ち出そうとしています。
取られる方と埋め立てる側と両方の環境破壊であり、この基地が日本を守るといいつつ、沖縄が攻撃される危惧が増大します。
この機会に、国を守るとはどうすべきか考えてください。

日 時  2017年2月26日(日)13時より
場 所  網干図書館ホール(山電網干終点前)
講 師  泥 憲和 氏(当会世話人)
連絡先  たつの市御津町岩見 播磨灘を守る会
Tel 079-322-0224  Fax 079-322-8855

広告
カテゴリー: ちたりた パーマリンク