2/14六ケ所村ウラン工場のダクト腐食 複数箇所、日本原燃が確認/12/15<ウラン濃縮>原燃が虚偽報告か 規制委改善命令/12/23<ウラン濃縮工場>お粗末な管理露呈【河北新報】

発表したらしいけれど日本原燃のサイトには何も載っていなかった。アルミテープで補修ねぇ・・・。
福井新聞によると
「中国電力島根原発2号機(松江市)の中央制御室の換気ダクトで腐食による穴が見つかり、原燃が1月30日〜2月10日にウラン濃縮工場を自主点検していた。
使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の中央制御室も調べる。原子力規制委員会は原発など全国の原子力施設で同様の問題がないか調査を求めている。」
http://fukunawa.com/fukui/22874.html

==========

六ケ所村ウラン工場のダクト腐食 複数箇所、日本原燃が確認

2017年02月14日火曜日【河北新報】
http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201702/2017021401001685.html

日本原燃は14日、ウラン濃縮工場(青森県六ケ所村)の排気ダクトで複数箇所の腐食が見つかったと発表した。放射性物質の漏れや外部への影響はないと説明している。

原燃によると腐食は最大で直径約2センチで、既にアルミテープで応急処置をした。今後補修する。

ダクトは鋼板でできており、亜鉛でメッキされている。遠心分離機を使ってウランを濃縮する建屋の天井裏にあり、フィルターで放射性物質を取り除いた後の空気を外部に排出する。このダクトは定期検査の対象外という。

 

<ウラン濃縮>原燃が虚偽報告か 規制委改善命令

2016年12月15日木曜日【河北新報】
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161215_23023.html

原子力規制委員会は14日、日本原燃(青森県六ケ所村)がウラン濃縮事業の品質保証体制に関して事実と異なる評価書をまとめたとして、原子炉等規制法に基づき原因や対策を報告するよう同社に命令した。ウラン濃縮工場で発覚した保安規定違反を巡り、業務改善の対応が不十分なのに「改善済み」との評価書を作成していた。

原子力規制庁によると、原燃のウラン濃縮工場で昨年8月、放射性廃棄物を所定の廃棄施設ではない場所に一時保管していたことが発覚。規制委は保安規定に違反するとして業務の改善を求めた。

原燃の副社長をトップとする安全・品質本部は9月、品質管理の監視測定や社内組織の連携などの改善策が不十分なまま「組織改正などによって改善された」との評価書をまとめた。

規制庁が11月下旬から今月上旬にかけて実施した保安検査で問題が発覚した。規制委の田中俊一委員長は「組織として問題がある。手抜きが甚だしい」と批判。来年1月末までに報告書を提出するよう求めた。

原燃の工藤健二社長は同日、規制委の臨時会合に出席し「(規制委の指摘を)重く受け止めている」と陳謝。副社長の判断に関し「誤った思い込みがあったが虚偽報告を意図したわけではなかった」と述べた。

青森県六ケ所村の戸田衛村長は同日、「村民の信頼を大きく損ね、大変残念。原燃に必要な報告を求めるとともに、厳しく対処する」との談話を出した。青森県原子力安全対策課の担当者は「故意でなくても、結果的に事実と異なる書類をまとめ、安全面の対応をおろそかにしたことは重大な事態だ」と批判した。

<ウラン濃縮工場>お粗末な管理露呈

2016年12月23日金曜日【河北新報】
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161226_21042.html

管理体制の不備がクローズアップされたウラン濃縮工場=2016年8月26日、青森県六ケ所村

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で本格工事や稼働が止まった東北の原子力関連施設は今年、工事再開や完成といった見通しの延期表明が相次いだ。

日本原燃のウラン濃縮事業の品質保証体制について、原子力規制委員会は2016年12月中旬、保安規定違反に当たるとして、原子炉規制法に基づく改善計画の報告命令を出した。

ウラン濃縮工場で15年8月、放射性廃棄物を所定の施設以外に一時保管していたことが発覚。原燃は16年9月、改善策が不十分なまま「組織改正などによって改善された」と不正評価書を提出した。規制庁の保安検査で問題が発覚し、原燃のお粗末な管理能力の実態が露呈した。

新規制基準適合性審査は同年9月末までに説明を終えた。原燃は審査内容を踏まえた補正書を準備している。

別施設では、核のごみを30~50年間保管する高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターが同年10月に適合性審査での説明を終えた。同月にはイギリスから132本のガラス固化体が返還され、保管中の高レベル廃棄物は計1830本となった。

広告
カテゴリー: 品質管理, 核燃サイクル タグ: , パーマリンク