2/17福島2号機 サソリロボ調査失敗 溶けた核燃料に到達できず/国費投入も成果出ず 福島2号機調査に十数億円【東京新聞】

東芝が倒産したらこのロボの開発どうなる?

国際廃炉研究開発機構(IRID)
http://irid.or.jp/

=============

福島2号機 サソリロボ調査失敗 溶けた核燃料に到達できず

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017021702000127.html
2017年2月17日 朝刊【東京新聞・社会】第1面

tky170217-1men写真

東京電力は十六日、福島第一原発2号機の原子炉格納容器内に、サソリ型のカメラ付き自走ロボットを投入したが、圧力容器下の足場に到達する手前の堆積物で動けなくなった。回収もできず、内部に放置。調査は失敗した。

東電によると、ロボットは午前七時五十分ごろ、格納容器の貫通部(直径約十一センチ)から投入。長さ七・二メートルのレール上を渡って圧力容器下に行く予定だったが、レールにこびり付いた堆積物を乗り越えられず、目標地点にたどり着けなかった。午後三時すぎ、回収を断念し、遠隔操作用のケーブルを切断した。

ロボットの線量計では、レールの中央部分で毎時約二一〇シーベルトを計測。予備調査では、格納容器内で毎時六五〇シーベルトと極めて高い線量(推定)を計測しているが、それよりはやや下回った。

温度計では一六・五度を計測し、「溶け落ちた核燃料(デブリ)は十分に、冷却できている」(東電)とした。

予備調査では、圧力容器下の鉄製の足場で、デブリの熱で溶けたとみられる穴が見つかっていたが、今回の調査では再び見ることはできなかった。ロボットは二つのカメラで圧力容器下部や格納容器の底部を撮影し、線量分布なども調べる予定だった。予備機はない。

 

国費投入も成果出ず

福島2号機調査に十数億円

 サソリ型ロボ

tky170217robo東京電力福島第1原発2号機の原子炉格納容器内を調査するサソリ型の自走式ロボット=国際廃炉研究開発機構提供

2017年2月17日【東京新聞・朝刊第2面】

東京電力福島第一原発2号機の原子炉格納容器内の調査に投入されたサソリ型自走式ロボットは溶け落ちた核燃料(デプリ)を確認する「切り札」として開発され、国費も投入された。事故から約六年たつ今も放射線量が高い原子炉内部の調査は遠隔操作によるロボットに頼るしかない。成功すれば炉心の様子を初めて捉え、廃炉作業の前進に寄与すると期待されたが、十分な成果は出せなかった。=1面参照

ロボットは、電力会社や原発メーカーなどでつくる国際廃炉研究開発機構(IRID)と東芝が共同で開発。カメラや線量計、温度計を搭載、予測不能な事態に直面し、走行中にバランスを崩して転倒しても胴体と尾の部分をよじらせて自力で起き上がれる機能も付けた。開発費は非公表だが、関係者によると事前調査などを含め、2号機の一連の調査には十数億円がかかっているという。

ロボットを投入する格納容器の穴は放射性物質を外部に漏らさないよう直径十一センチと小さい。そのためロボットは、穴を通る際は長さ約六十センチ、高さ約九センチの棒状で、その後は遠隔操作で尾の部分を持ち上げ、サソリ型に変形して進む。

しかし、今年に入ってからの事前調査で、2号機格納容器内の想定を超える過酷な状況が次々と判明。ロボットのルートとなっている機器交換用レールには走行を妨げる堆積物が付着し、放射線量も最大毎時六五Oシーベルトと推計された。

広告
カテゴリー: 放射能汚染, 中日東京新聞・特報 タグ: , , , , パーマリンク