【緊急拡散お願い】本日4月5日18時半、​今村大臣辞めろ!復興庁前緊急抗議/自主避難は「本人の責任」 今村復興相発言の記事【朝日新聞・東京新聞】

メールを頂戴したので急いで転載しました。

==============

[転送・転載歓迎/重複失礼]

「善は急げ」ということで、本日4月5日(水)夕方に緊急行動を呼びかけ ます。緊急の拡散をよろしくお願いします!!!

<「自主避難」は国の責任!今村復興大臣辞めろ!4.5 復興庁前緊急抗議>

4月5日(水) 18時半~19時半(予定)
復興庁前(霞ヶ関駅、国会議事堂前駅)
千代田区霞ヶ関3-1-1 中央合同庁舎4号館(財務省上)

連絡先:090-6185-4407(杉原)

<ツイッターで見つけたプラカード> ※ご活用を!
セブンイレブン ネットプリント番号 10732896
有効期限4/11迄 A3出力 今村復興大臣辞めろ

自主避難は「自己責任」~復興大臣明言(OurPlanet-TV)
http://ourplanet-tv.org/?q=node/2113

<猛抗議を!>
今村雅弘復興相・国会事務所
(FAX)03-3597-2723
(TEL)03-3508-7610
(メールフォーム) http://www.imamura-masahiro.com/mail.html

===================================

自主避難は「本人の責任」 今村復興相が発言

2017年4月5日07時24分【朝日新聞デジタル・大月規義】
http://www.asahi.com/articles/ASK452F4MK45UBQU003.html

写真・図版
4日午前の閣議後会見での発言について釈明する今村雅弘復興相。自主避難を続ける人たちに対する「本人の責任」発言は撤回しなかった=同日夕、東京・霞が関の復興庁

今村雅弘復興相は4日午前の閣議後会見で、東京電力福島第一原発事故で今も帰れない自主避難者について、国が責任を取るべきでは、との記者の問いに対し、「本人の責任でしょう。(不服なら)裁判でも何でもやればいいじゃないか」と発言した。記者が重ねて質問すると「出て行きなさい」などとして質問を打ち切った。同日夕、記者団に「感情的になったのはおわびする」と釈明したが、自主避難者への発言は「私は客観的に言ったつもりだ」と撤回しなかった。

自主避難者は、国の避難指示を受けなかった地域から、被曝(ひばく)を心配し遠方に避難した母子ら。福島県によると、昨年10月時点で全国に約3万人おり、国と県は避難先での住宅の無償提供を3月末で打ち切った。強制避難者に比べて東電の賠償や国の支援が薄く、福島県民の「分断」につながると指摘されてきた。

閣議後会見で今村氏は、自主避難者の支援に国の責任がないか問われ「福島県が対応し、国は県のサポートをする。この図式でこれからもやっていく」と説明。帰れないのは自己責任と思うかとの質問には「基本的にはそうだ。国はできるだけのことはやった」とした。さらに質問しようとした記者に「何で無責任だと言うんだ。無礼だ。もう二度と(会見に)来ないで下さい」と机をたたき、「うるさい」と会見を打ち切った。

 

今村復興相、記者に「うるさい」 自主避難者への対応巡る質問で

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017040401002016.html
2017年4月4日 20時32分【東京新聞・政治】

今村雅弘復興相は4日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者への対応を巡り、国の責任を質問したフリーの記者に対し「二度と来ないでください」「うるさい」などと述べた。今村氏はその後、復興庁内で記者団に「感情的になった。今後こうしたことがないよう対応したい」と述べ、謝罪した。

今村氏は会見で、3月末で住宅支援を打ち切られた自主避難者への今後の対応を問われ「一番身近にいる福島県が中心になってやっていく方が良い」と発言。記者が「大臣自身が実情を知らないのでは」と聞くと「(避難先からの帰還を)どうするかは本人の責任、判断だ」と応じた。

(共同)

 

今村復興相が記者に「出ていきなさい」 自主避難対応で激高、謝罪

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017040502000122.html
【東京新聞・政治】2017年4月5日 朝刊

今村雅弘復興相は四日の記者会見で、東京電力福島第一原発事故に伴う自主避難者への対応を巡り、国の責任を質問したフリーの記者に対し「二度と来ないでください」「うるさい」などと激高した。今村氏はその後、復興庁内で記者団に「感情的になった。今後こうしたことがないよう対応したい」と謝罪した。

今村氏は会見で、三月末で住宅支援を打ち切られた自主避難者への今後の対応を問われ「一番身近にいる福島県が中心になってやっていく方が良い」と発言。記者が「大臣自身が実情を知らないのでは」と聞くと「(避難先からの帰還を)どうするかは本人の責任、判断だ」と応じた。

今村氏は「(避難に)一応の線引きをして、ルールにのっとり進んできたので経過は分かってほしい。(不服なら)裁判でも何でもやればいい。国としてはできるだけのことはやったつもりだ」とも述べた。

記者が「責任を持って回答してください」とただすと「なんて君は無礼なことを言うんだ。(発言を)撤回しなさい。出ていきなさい」と声を荒らげ、事務方が会見を打ち切った。その後の記者団への対応で、自主避難者への発言の意図を聞かれ「客観的に言っただけだ」と強調した

広告
カテゴリー: 避難, 放射能汚染 パーマリンク